ギネスブックにも認定!世界一高いプラネタリウム「郡山市ふれあい科学館」で宇宙を感じよう!

  • 509 |
http://tokyonightfall.blog62.fc2.com/

群山駅前に建つビッグアイ最上階にある「郡山市ふれあい科学館」は、世界一高い位置にあるプラネタリウムとしてギネスブックにも認定されています。さまざまな体験ができる展示ゾーンや市街地が望める展望フロアなどもある、子どもだけでなく大人も宇宙の神秘に触れて楽しめる「郡山市ふれあい科学館」の魅力に迫ります。

郡山市ふれあい科学館の魅力

ギネスブックにも認定された、世界一高い場所にあるプラネタリウム

郡山市ふれあい科学館はスペースパークという愛称で知られる、宇宙をテーマにした科学館です。群山駅前に建つ超高層ビル「ビッグアイ」20階~24階に展望フロアや展示ゾーン、宇宙劇場(プラネタリウム)があり、地上から世界一高いプラネタリウムとしてギネスブックにも認定されています。展望フロアからは地上96mから市街地を一望することができ、展示ゾーンでは宇宙飛行士の訓練装置や月面上の重力を体験したり、宇宙探検シュミレーション、宇宙探査車の操作をしたりすることもできます。宇宙劇場(プラネタリウム)は直径23mの傾斜型ドームで、座席数は234席。日本で5台しかない「スーパーヘリオス」と呼ばれている最新鋭の投影機があり、天の川を含めれば約65万個の星を表現できるため、さまざまな天体を美しい映像で楽しむことができます。宇宙劇場までの通路には天文情報コーナーがあり、天文や宇宙に関する情報を自由に閲覧可能。エレベーターホールの床には光ファイバーが埋め込まれていて、暗くなると宇宙空間にいるような幻想的な光景を見ることができたり、22階へ続くガラスの階段近くの壁を地球に見立て、福島県の地形や富士山の凸凹を触って確かめることができたりなど、細かな部分にもとてもこだわっています。

仕事帰りにも寄れる、夜間投影が魅力的

宇宙劇場(プラネタリウム)では定休日である月曜をのぞき、毎日さまざまな番組を投影しています。大人も楽しめる「プラネタリウム一般番組」から幼児向けの「キッズアワー」、音楽とともに楽しむ「星と音楽のひととき」、夜間開館をして話題ごとに色々な宇宙を楽しむ「イブニングアワー」など、どれもバランス良くスケジュールが組まれているので定期的に来館してもさまざまな内容で楽しめます。特に郡山市ふれあい科学館のプラネタリウムは、夜間の開館が多いのが特徴です。毎週金曜日は夜間開館を行っていて、午後7時から「星と音楽のひととき」が始まります。働いているとなかなかプラネタリウムに足を運ぶのは難しいですが、午後7時からなら足を運べる方も多いのでは。お仕事の終わりに満天の星や宇宙の世界を見ながら音楽を聞くことができるので、最高のリラックスタイムを過ごせそうです。

郡山市ふれあい科学館へのアクセス

高速道路利用
東北自動車道「群山IC」から約20分、または「郡山南IC」から約20分。磐越自動車道 「郡山東IC」から約20分。個人来館者の専用駐車場はないため有料駐車場をご利用下さい。

電車利用
JR「群山駅」西口から徒歩約1分

スポット詳細
名称:郡山市ふれあい科学館
所在地:福島県郡山市駅前2丁目11番1号(ビッグアイ20~24階)
定休日:毎週月曜日、12月31日~翌年1月1日
営業時間:展望ロビー 10:00~20:00/宇宙劇場 平日10:00~16:15(金曜は19:45まで)土日祝10:00~17:45/展示ゾーン10:00~17:45
料金:宇宙劇場 一般(65歳未満)400円、高校生・大学生300円、小学生・中学生200円、幼児・65歳以上100円(幼児が席を使用しない場合は無料)/展示ゾーン 一般(65歳未満)400円、高校生・大学生300円、小学生・中学生200円、幼児・65歳以上無料
公式サイト:http://www.space-park.jp/index.html

ページTOPへ

「郡山」周辺の関連記事

このページのTOPへ