迫力満点のプラネタリウムがある「柏崎市立博物館」で宇宙の科学を楽しく学ぼう!

  • 955 |

日本海に面する新潟県柏崎市。ここ柏崎には、とてもキレイなプラネタリウムを眺めることができる場所があります。その名も「柏崎市立博物館」。惑星や宇宙の科学を体感しながら楽しく学ぶことができる場所になっています。今回はその「柏崎市立博物館」ついてご紹介します。

http://nipponnokeshiki.blog136.fc2.com/

柏崎市立博物館とは?

柏崎市立博物館は、その名の通り新潟県の柏崎市が運営する施設です。新潟県柏崎市にある市民の憩いの場所「赤坂山公園」内に博物館はあります。文化財や美術、そして芸術作品を展示しながら柏崎の歴史をわかりやすく解説しており、中でも星空を楽しめる「プラネタリウム」が見ものです。

柏崎市立博物館のプラネタリウムの魅力とは?

柏崎市立博物館のプラネタリウムの魅力は、なんといっても12メートルの大きさのドームにあります。広々とした空間で眺める星空は迫力満点。デジタル映像で映し出すとてもキレイな全天周映像になっており、子供はもちろんのこと、大人にも大人気の宇宙空間なのです。

柏崎市立博物館のプラネタリウムは、毎週土曜日、日曜日、祝日に一般投影を行っています。投影時間は日曜日と祝日が10時30分〜、そして14時〜の2回。土曜日が14時〜のみとなっています。篠原ともえさんのナレーションに乗せてオーロラ体験ができる「オーロラの調べ」、平成22年に投影されて大人気だった「銀河鉄道の夜」の復活投影など、番組も魅力的なものになっています。

柏崎市立博物館のプラネタリウムへのアクセス

柏崎市立博物館は、赤坂山公園内にあります。車で来館される場合は北陸自動車道「柏崎IC」または「米山IC」より車で15分。駐車は赤坂山公園内の駐車場を利用することができます。
週末の渋滞や混雑を避けるためには、公共交通機関を使って来館するのがオススメです。JRを利用して来館する場合には「JR信越本線・越後線」の「柏崎駅」で下車して徒歩20分、越後交通のバスを利用して来館する場合には、「柏崎駅南口」乗り場から乗車して「赤坂山公園」着のバス停で下車してすぐになります。柏崎の歴史ある文化や芸術を学べると共に、迫力のある素敵な星空を体感することができる「柏崎市立博物館」のプラネタリウムにあなたも訪れてみませんか?


■スポット詳細
名称:柏崎市立博物館
所在地:新潟県柏崎市緑町8-35
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始(12月29日〜1月3日)
営業時間:9時〜17時
料金:博物館常設展示:無料 プラネタリウム:高校生以上:200円 小・中学生:100円 未就学児:無料 ※20名以上団体割引(高校生以上160円 小・中学生80円)
公式サイト:
http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/gakugei/kyoiku/bunka/hakubutsukan/tenjikan/plane.html

ページTOPへ

「柏崎・鯨波海岸」周辺の関連記事

このページのTOPへ