宇宙飛行士・山崎直子さんが名誉館長を務める「銀河の里キゴ山」のプラネタリウムをご紹介!

  • 678 |

石川県金沢市街から車で約30分の医王山に、スキー場やスポーツセンター、体験農園などを備えた「キゴ山」があります。その一角にあるのが「銀河の里キゴ山」。プラネタリウムを有する天体観察センターと、少年自然の家をあわせた施設です。直径10m、高さ7.4m、80席のプラネタリウムには約6700個の星が輝きます。

http://yogawa.com/

「銀河の里キゴ山」の魅力

「銀河の里キゴ山」では中高生を対象に、「宇宙塾」が年3回開催されます。宇宙航空研究開発機構JAXAの技術者、宇宙飛行士など一線で活躍する人たちの話や、実験などを通して、宇宙に対する興味を深められる貴重な機会になっています。また、18歳以上対象の「シニア宇宙塾」もあり、宇宙に関する知識はもちろん、カメラや望遠鏡の仕組みや使いかたなど幅広い知識を習得することができます。また、金曜夜には「星見の日」という天体観測会も行われており、子供から大人まで幅広く宇宙の世界に触れることができます。
ちなみに銀河の里キゴ山の名誉館長は、なんとあの女性宇宙飛行士・山崎直子さん。将来、山崎さんのように宇宙で活躍する人が生まれるかもしれませんね。

「銀河の里キゴ山」プラネタリウムの魅力

銀河の里キゴ山にあるプラネタリウムは、平日は午前・午後の2回、土曜、日曜・祝日は、午前1回と午後2回の計3回上映されます。
プログラムは宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」の世界観を鮮明に再現。360°に広がるパノラマの宇宙を銀河の列車で駆け抜けるような、デジタルファインアーティストKAGAYAが描く幻想的なデジタルアート作品です。(番組は変更になることもあります)
また、「銀河鉄道の夜」の前には「今夜の星空解説」も行われます。日々移り変わる星空の見どころを教えてもらえるので、夜になるのが楽しみになりそうですね。

「銀河の里キゴ山」プラネタリウムへのアクセス

車、公共機関それぞれのアクセスは次の通りです。
■車でのアクセス
「キゴ山」は金沢市中心部の東南に位置しています。
金沢駅からは約16km、40分ほどです。

■公共交通機関でのアクセス
JR 金沢駅 兼六園口(東口)6番のりばから北陸鉄道13系統「医王山スポーツセンター」行きバス「キゴ山ふれあいの里」下車、徒歩5分です。


スポット詳細

名称:銀河の里キゴ山プラネタリウム
所在地:金沢市平等本町カ13-1
定休日:毎週月曜日 (祝日の場合はその翌日) 年末年始 (12月29日から1月3日まで)
営業時間:8:30~17:15
料金:大人510円、子供300円(中学生以下、幼児も含む)
公式サイト:http://www4.city.kanazawa.lg.jp/39059/

ページTOPへ

「金沢」周辺の関連記事

このページのTOPへ