芸術で子供たちの教養を高める「長野県伊那文化会館」。休日に子供と足を運んでみよう!

  • 235 |

伊那文化会館は、伊那市西町の自然が多い春日公園内にあります。大きな建物は、植物に囲まれています。一年を通してホールでイベントが行われています。子供や大人の方まで人気のプラネタリウムをご紹介します。

inabun.or.jp

伊那文化会館の魅力

伊那文化会館はどんなところでしょうか

伊那文化会館では、芸術によって子供たちの教養を高めています。思いやりを持ち、心豊かな人が育つ場所を目指しています。1,512人収容できる大ホールでは、本格的なオペラが鑑賞できます。演劇や、バレエまで鑑賞することができます。伊那地方で守られてきた、伝統文化である歌舞伎も演じられています。文化会館では、高いレベルの芸術を鑑賞できます。

小ホールは音楽会や、会議などで利用されています。展覧会や展示会も行われます。芸術的な書や、絵画などをご覧になることができます。美術ホールでは、展示会を実施しています。工芸や彫刻などの展示品が並ぶホールです。自主企画の展示会もあるのが魅力でしょう。休憩したい方には、カフェミルクで一休みができます。窓からは、南アルプスの景色が望めます。カフェミルクで評判のコーヒーはいかがでしょうか。

伊那文化会館のプラネタリウムを休日に鑑賞しましょう

プラネタリウムは、毎週土曜日・日曜日・祝日に投影されています。1日3回の一般投影があります。秋・冬のプラグラムは2016年2月28日までです。「Every Little Thiing オーロラファンタジー」は人気アーティストのEvery Little Thingが、ナレーションを担当しています。美しいアラスカのオーロラの映像には、Every Little Thingの曲が挿入されています。「BACK TO THE MOON FOR GOOD」は月面探査の歴史や、新たな探検者が旅立ちます。

プラネタリウムでは、「中垣哲也 オーロラ上映会&トークライブ AURORA WONDER」というイベントがあります。11月1日(日曜日)午前の部11:00~12:30 午後の部14:00~15:30 夕方の部17:00~18:30で開催されます。アラスカの奇跡的なオーロラを鑑賞できます。365日の取材で、選りすぐられたシーンをドームに再現されます。夜空のオーロラがあなたを包みます。

 

 

伊那文化会館へのアクセス

電車でお越しの方

・JR飯田線の伊那市駅にて下車をして、伊那市駅から徒歩20分です。

高速バスでお越しの方

・大阪方面 阪急梅田駅から 名神高速道路・中央自動車道利用で約5時間 伊那バスターミナルまで

・名古屋方面 名鉄バスセンターから 中央自動車道利用で約3時間 伊那バスターミナルまで

・東京方面 新宿高速バスターミナルから 中央自動車道利用で約3時間20分 伊那バスターミナルまで

東京方面で新宿-飯田線の場合は伊那バスターミナルではなく、伊那インター前で下車になります。伊那インターからはタクシーで約10分、徒歩で約1時間以上です。(伊那バスターミナルは駅前です)

車でお越しの方

・中央自動車道駒ヶ根I.Cから約25分

・中央自動車道伊那I.Cから約15分

スポット詳細

名称:長野県伊那文化会館

所在地:長野県伊那市西町5776

定休日:毎週月曜日、祝日の翌日は振替休日、ゴールデンウィーク、12月8日~1月3日

開館時間:午前9:00~午後9:30

料金:プラネタリウム 大人240円 小中学生100円 幼児は無料

公式サイト:http://inabun.or.jp/

ページTOPへ

「伊那」周辺の関連記事

このページのTOPへ