「福岡市立少年科学文化会館」で科学やプラネタリウムを楽しもう!

  • 517 |

福岡県福岡市の海の近くに、福岡市立少年科学文化会館があります。全部で6フロアある科学館で、遊具を使って体験をすることができます。プラネタリウムが6階にあり、子供から大人まで人気です。科学館とプラネタリウムをご紹介します。

www.city.fukuoka.lg.jp

福岡市立少年科学文化会館の魅力

科学館で遊んで学んで物知りに

福岡市立少年科学文化会館は、展示品で科学を楽しむことができます。体験型の科学館で創造性を養うことのできる施設です。見ることや、触ることもできるので好奇心も広がるでしょう。少年科学文化会館は、平成28年に閉館します。開館から44年という長い歴史に幕を閉じます。子供の頃に遊んでいた大人の方は、懐かしい科学館へ訪れてみてはいかがでしょうか。

1階~6階までが科学館になっています。フロアによってテーマが決められ、科学の体験ができます。「楽しい展示ホール」は身体を使って遊べます。「力と運動」「音と光」をテーマに遊具があります。「ビジュアルサウンド」「エアーシュート」などで楽しく学べます。同じフロアには図書館があります。約80,000冊の蔵書があり、科学の本から漫画まで揃っています。「生活の科学展示ホール」は、子供に人気の「ロボットシアター」「鉄道模型パノラマ」があります。「コンピュータープラザ」ではパソコンを操作できます。

プラネタリウムのウラノスは15年も活躍しています

プラネタリウムは、車椅子のスペース2席と119席の座席数があります。名前はウラノスで、天王星の英名と同じです。科学館で15年間活躍しているプラネタリウムです。番組「ひとつ星みつけた」は、主人公ミサキは思い悩んでいます。夢を叶えるために頑張ろうと葛藤しているのです。ミサキが夜空を見上げてると、先に輝いているものがありました。幼馴染たちが描く甘酸っぱいストーリーです。これから大人になる方も、すでに大人の方も楽しめることでしょう。11月29日(日)まで投影しています。

プラネタリウムのイベントが9月27日(日曜日)にあります。「スペシャルプラネタリウム~月~」は中秋の名月当日に開催されます。プラネタリウムでお月見はいかがでしょうか。解説員による星空生解説や、音楽が楽しめます。料金は無料で鑑賞することができます。参加するには、先着119名までの整理券が必要です。詳細はお問い合わせください。

福岡市立少年科学文化会館へのアクセス

バスでお越しの方

姪浜方面からの場合

・天神方面行きへ乗車、赤坂門で下車して徒歩で約5分

博多駅からの場合

・博多駅交通センター1F 3番のりばから、明治通り経由で赤坂門で下車して徒歩で約5分

・博多駅交通センター1F 4番のりばから、福浜行き68番へ乗車 長浜2丁目で下車して徒歩で約1分

天神からの場合

・三越前1Aのりば福浜行き61番か68番へ乗車 長浜2丁目で下車して徒歩約1分

東区香椎方面からの場合

・大豪公園行きへ乗車 法務局前下車して徒歩約4分

電車でお越しの方

・地下鉄赤坂駅を下車して、1番出口か3番出口から徒歩で約5分

車でお越しの方

・福岡都市高速天神北出入口を降りて、那の津交差点を右折してから、そのまま約1km直進します。長浜の交差点を左折をすれば到着です。

スポット詳細

名称:福岡市立少年科学文化会館

所在地:福岡県福岡市中央区舞鶴2-5-27

定休日:毎週月曜日(祝日場合、翌日が振替休日、GWなど学校休業時は開館)
    月末(土曜日、日曜日、月曜日、休日の場合は翌平日)

営業時間:9:00~17:00

料金:入館無料
   [プラネタリウム]一般200円 高校生150円
  ※高校生は学生書提示
  ※中学生以下は無料

公式サイト:http://www.city.fukuoka.lg.jp/kodomo-mirai/shobun/shisetsu/syounennkagakubunnkakaikanhomepage/shobuntop.html

ページTOPへ

「福岡市・博多」周辺の関連記事

このページのTOPへ