大分に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 1909 |

大分へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた大分のおすすめのグルメを紹介します。

あつめし

あつめしは、大分県佐伯市で食べることができる郷土料理で、漁師が仕事を終えた後に、炊きたてのご飯にとれたての魚を一口大にさばき、醤油と酒と砂糖をかけた丼料理です。名前の由来は、熱々のご飯の上に魚をのせたことから名付けられたと言われています。漫画「美味しんぼ」で取り上がられたことで、注目を集めたあつめしは、各料理店で〆料理として食べるもよし、お土産で持って帰るのもよしの一品です。

佐伯ごまだしうどん

ごまだしうどんは、大分県佐伯市で食べることができる郷土料理で、焼いた魚のみとゴマをすりつぶし、醤油と混ぜて作られた出汁に、うどんを入れて食べます。ごまだしは、水産物が豊富にとれる佐伯にて、エソが大量に採れた際の保存食として造られたのがきっかけとされています、ごまだしうどんは、店や家庭によってごまだしを使う量が異なるため、場所によって様々な味を楽しむことができます。

別府冷麺

別府冷麺は、大分県別府市で食べることができるご当地料理で、小麦粉とそば粉、でんぷんで作られた麺を魚介をベースにした和風スープで食べる冷麺です。別府に冷麺が初めて訪れたのは1950年のことで、戦後満州から戻ってきた料理人が、朝鮮冷麺を参考に作ったと言われています。別府では焼き肉屋からラーメン店まで様々な店舗で別府冷麺を食べることができ、様々な食感の麺とキムチの程よい辛さが相性抜群の一品です。

ページTOPへ

「大分」周辺の関連記事

このページのTOPへ