みえこどもの城は、プラネタリウムやプレイランドなどの充実した施設で遊びながら学べる

  • 401 |

「みえこどもの城」は、中部台運動公園内にある三重県立の大型児童館。体を使って遊ぶプレイランドやプラネタリウム、舞台スペース、アートスペースなどを備え、ほぼ毎日さまざまな体験プログラムが実施されています。

http://blog.livedoor.jp/

幼児から小学生まで参加できる豊富なプログラムが魅力

プラネタリウムで星空案内をします

「みえこどもの城」には、デジタルプラネタリムの「ドームシアター」があります。投映機による星空案内や星空コンサート、ドーム映画が行われ、0歳から入場できるCDコンサートも。育児にがんばるお父さん、お母さんたちの心強い味方になっています。
現在、「エコロジーのわくわく太陽系めぐり」+星空案内が実施されています。スタッフがその日に見ることのできる星や星座について解説し、約20分の番組も上映します(10月25日まで)。
また、10月17日(土)16時30分から、トライライトプラネタリウム倶楽部「月の謎に迫る」が開催。月の誕生や月の満ち欠け、日食・月食など、月の神秘に迫ります。これは、事前の申し込みが必要です。

ドームシアターで映画も楽しめます

「ドームシアター」は映画も魅力の一つ。現在、2つの番組を上映中です。「恐竜大行進 勇気をつなぐものがたり」は、今から7000万年前、厳しい自然の中でいきる恐竜たちの姿を描いたもの。「紙兎ロペ おれらロケット飛ばすってマジっすか1?」は、テレビなどで注目を集めているショートアニメ「紙兎ロペ」のプラネタリウム版です。これらは、10月25日(日)まで上映される予定です。

アートや科学、食育など充実したプログラム

「アートスペース」では、アートや工作の体験教室が開かれています。例えば、9月はプラスチックコップでつくる「カップでわなげ」や、おじいちゃんおばあちゃんに贈るプレゼントづくりなどがあり、大人向けの陶芸教室もシリーズで実施されています。
また「サイエンスルーム」ではモーターを使ったミニカーづくりなどが、「食育ひろば」ではサツマイモを使ったまんじゅうづくりなどが予定されています。なお、これらは参加人数に限りがあります。早めに申し込みましょう。

みえこどもの城へのアクセス

松阪駅前から、三重交通バス・中部中学校前バス停まで約20分、中部中学校前バス停から歩いて約15分。または松阪駅からタクシーで中部台運動公園駐車場まで約10分、第2駐車場から歩いて約7分。自家用車の場合、松阪インターから中部台運動公園駐車場まで約15分、第2駐車場から歩いて約7分です。

スポット詳細

名称:みえこどもの城
所在地:三重県松阪市立野町1291中部台運動公園内
定休日:毎週月曜日
開館時間:9時30分~17時(プラネタリウムの投影は土日祝、夏休みは平日も投影)
入館料:無料(ドームシアターは大人400円、児童・生徒200円、3歳以上100円)
公式サイト:http://www.mie-cc.or.jp/map/

ページTOPへ

「松阪」周辺の関連記事

このページのTOPへ