恐竜から大型プラネタリムまで!「新潟県立自然科学館」は1日では物足りないかも

  • 605 |

新潟市にある「新潟県立自然科学館」は、県内有数の最新プラネタリウムと自然、生活の科学の実演や体験のほか、屋外では太陽光や風力といったエネルギー資源を楽しく学ぶことが出来ます。また当館はお花見スポットや納涼地としても有名な鳥屋野潟公園内にあるため、周囲の自然環境はもちろんのこと、ご家族連れや観光でお越しの方も充実した時間を過ごせるレジャースポットになっています。

http://blog.goo.ne.jp/

リニューアルした満点星空のプラネタリウム

「新潟県立自然科学館」のプラネタリムはドーム直径18m。リクライニングできる座席は204席と大変大きなプラネタリム施設となっています。また最新のLEDを使用したエコタイプ「CHRONOS Ⅱ EX」(愛称:ほしひかり)によって映し出される、果てしない宇宙の存在やロマンをたっぷりと満喫することが出来、無数の鮮明な星空に驚きと感動を覚えることでしょう。プラネタリムの上映はスケジュールされており、平日は1日3回、土日祝日や長期休みに至っては、なんと1日5回もの上映を行っています。

新潟の歴史と新エネルギーを楽しく学ぼう

「新潟県立自然科学館」はプラネタリムだけではありません。まず、1階は新潟の生活や歴史を知ることが出来る博物館となっており、2Fには人間の錯覚を体験出来る「幻のテントウ虫」や「無限トンネル」などの「魔法の家」、子供たちが輪になって遊べる「遊びのテーブル」などの「不思議な広場」となっています。
さらに、化学の自動実験や生活を豊かにするロボットの紹介している「生活の化学コーナー」、恐竜のジオラマなどが多数展示している「自然の化学」など、非常に内容が盛り沢山の科学館となっています。

「新潟県立自然科学館」へのアクセス

鳥屋野潟公園内にある「新潟県立自然科学館」は、お車や電車でのアクセスがしやすい場所にあります。まず「お車の場合」は、新潟バイパス「桜木インター」から約3分、「女池インター」から約5分となっています。また高速道路「新潟中央インター」からは約6分の所要時間です。
次に「電車・バスの場合」は、JR新潟駅下車「新潟駅南口3番乗り場」から女池愛宕行または新潟市民病院行に乗車後、「野球場・科学館前」下車して徒歩3分となっております。

スポット詳細

名称:新潟県立自然科学館
所在地:〒950-0948 新潟市中央区女池南3丁目1番1号
定休日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合、翌日火曜日)、年末年始
営業時間:9時30分から16時30分(平日)9時30分から17時00分(土日祝日)
料金:入館料小人100円/大人500円、入館+プラネタリウム小人200円/大人780円
電話番号:025-283-3331
公式サイト:http://www.sciencemuseum.jp/niigata/index.php

ページTOPへ

「新潟市」周辺の関連記事

このページのTOPへ