天体望遠鏡に3Dメガネ!「黒部市吉田科学館」で宇宙科学を楽しく学ぼう

  • 381 |

人情味と自然あふれる富山県にある「黒部市吉田科学館」は、自然環境と科学を楽しみながら子どもの関心と好奇心を深めるため、昭和61年(1986年)に開館しました。また当館は、創造や自然の神秘に喜びと感動を発見できる場を広く提供できるように、プラネタリウムドームを中心に実験実習室、展示室、研究室などがあります。

http://fan.kurobe-unazuki.jp/

解説員による星空ガイドと「マタニティプラネタリウム」

直径20mのドームに映し出される恒星13,500個ものプラネタリウムで、神秘的な天文のドラマと話題を楽しめます。土日祝日には、天文学に詳しい解説員による星空ガイドが今夜も当館で行われています。神秘的なプラネタリウムにぴったりの地元音楽家によるBGMに、3Dメガネをかけてリアルと実物を見てるかのような臨場感でたっぷり映像を体験することが出来ます。
また「黒部市吉田科学館」では元気なお腹の赤ちゃんが生まれてきてほしいと、毎年春と秋に開催されている「マタニティプラネタリウム」には、無数の星空に素敵な胎教音楽でリラックスの時間を楽しめます。

見て学んで楽しもう!特別イベントや巡回写真展

黒部市吉田科学館では、「黒部の見どころとジオパーク展」「おもちゃ展示コーナー」「折り紙ヒコーキ工作教室」など子どもから大人まで好奇心が掻き立たれる体験展示コーナーが豊富です。また、毎年恒例の秋に開催される人気の「プラネタリウム祭り」では満席状態に。
また天文観測には欠かせない「屈折式望遠鏡」や「シュミットカセグレン式望遠鏡」、20倍以上の双眼鏡などに触れることが出来、さらに「恐竜などの化石」をクリーニング講座を受講できるなど子どもたちには大変良い機会になるでしょう。

「黒部市吉田科学館」への交通アクセス

当館は、無料の駐車場100台完備しています。最寄り駅からも徒歩圏内なので、電車バスでも交通アクセスでも大変便利となっています。
■お車の場合…黒部インター・黒部宇奈月温泉駅より クルマ15分
■電車バスの場合…あいの風とやま鉄道 生地駅より徒歩10分、地鉄バスより吉田科学館前より徒歩1分

スポット詳細

名称:黒部市吉田科学館
所在地:〒938-0005 富山県黒部市吉田574-1
定休日:毎週月曜日、祝日の翌平日、年末年始
営業時間:9時00分から16時30分
料金:入館料無料、プラネタリウム一般300円/高校・大学生150円/中学生以下無料
電話番号:0765-57-0610
公式サイト:http://kysm.or.jp/

ページTOPへ

「宇奈月・黒部峡谷」周辺の関連記事

このページのTOPへ