「九州自然動物公園アフリカンサファリ」の自然の中で暮らす動物たちをちかくで観察しましょう

  • 493 |

九州自然動物公園アフリカンサファリは、大分県宇佐市の安心院高原にあります。九州で唯一のサファリ型の公園です。世界中に生息している、いろんな動物たちと間近で会えます。九州自然公園アフリカンサファリの施設や動物たちをご紹介します。

http://www.folksworks.com/

九州自然動物公園アフリカンサファリの魅力

九州自然動物公園で生息している動物たち

九州自然動物公園では、肉食の動物から小さな動物まで暮らしています。広大な敷地は、115万平方メートルある大草原です。動物ゾーンは6つのセクションに分かれています。

動物ゾーンはクマ・山岳動物セクションから始まります

「クマ・山岳動物セクション」では、山岳地帯をリアルに再現しています。動物ゾーンに入って間もなく、岩山がそびえ立っています。大きな滝が自然さながらに、流れています。アメリカクロクマや、バーバリーシープが暮らしています。

肉食獣の代表格ライオンが群れをなしています

「ライオン・セクション」は百獣の王ライオンが、グループに分かれて過ごしています。グループで異なる頭数や、年齢を観察してみましょう。

草食動物の迫力をサファリで体験してみましょう

「草食動物セクション」は日本でも人気の、キリンやサイなどが草を食べています。のんびりと生活したり、走る姿もご覧になれます。首が長いキリンなど、動物の迫力を体感してみてください。

ベンガルトラの生態を観察できます

「トラセクション」は草原の中で過ごしている虎を観察できます。肉食動物ですが、グループでは行動していません。ライオンとは違った個体での生活が見れます。

大地を駆け巡るチーターを九州で見れます

「チーターセクション」は九州ではめずらしい、チーターが暮らしています。こちらのセクションは、しまうまも一緒に生活しています。チーターは自分の体より大きな動物は襲いません。九州では、園内でしか見れないチーターの生態を覗けます。

草食動物が大草原でのんびりと暮らしています

「レイヨウセクション」ではウシ科の動物が多く暮らしています。ローンアンテロープやシロオリックスなど、草食動物がのびのびと過ごしています。フタコブラクダも同じセクションで暮らしています。

ふれあいゾーンやイベントで動物とふれあえます

赤ちゃんライオンと思い出を残せます

「ライオンの赤ちゃんと記念撮影」をであいの村にあるフォトサロンで開催されています。キャットサロンに隣接している建物です。午前11:00~午後16:00まで行っています。かわいいライオンの赤ちゃんを、カメラに収めるチャンスです。カメラを持参して、参加してください。1ショット500円です。

ピグミースローロリスと1日30分ふれあうことができます

「ピグミースローロリス」とのふれあい体験は、「であいの村・山小屋アルム」で開催されています。午後14:00~午後14:30の30分です。ピグミースローロリスは大変小さい動物で、体長25cm~30cm程度です。ポケットサイズの大きさです。小さな体を使って、精一杯木を登ります。大きな目をクリクリさせる表情が愛らしいです。フカフカとした毛のさわり心地を体感してみましょう。

 

 

 

九州自然動物公園アフリカンサファリへのアクセス

車でお越しの方

宇佐別府道路

逸見IC:降り口の信号を左折して、次の信号をそのまま通過します。県道216号線を案内標識の通りに右折をして、高速の高架下を右折してください。国道500号線に出たらここにも案内標識があるので、左折します。右手に大きなゾウのモニュメントが確認できたら右折をすれば到着です。

別府IC:ICの降り口の国道500号おの信号を右折します。国道500号線の案内標識がある信号を左折して、明礬温泉~十文字原を道なりに経由して進みます。右手にゾウのモニュメントが確認できたら右折をすれば到着です。

電車でお越しの方

JR別府駅を下車して、亀の井バス(アフリカンサファリ・安心院行き)に乗車して、約50分ほど

 

スポット詳細

名称:九州自然動物公園アフリカンサファリ

所在地:大分県宇佐市安心院南畑2-1755

定休日:年中無休 雨天であっても営業します

営業時間:3月1日~10月31日 午前9:00~午後17:00 11月1日~2月28日 午前10:00~午後16:00

料金:大人(高校生以上)2500円 小人(4歳~中学生) 年間フリーパスポート会員 無料

電話番号:0978-48-2331

公式サイト:http://www.africansafari.co.jp/

ページTOPへ

「中津・宇佐・豊後高田」周辺の関連記事

このページのTOPへ