自立走行型ロボット「ブルー夢」くんが館内を案内してくれる「浜松科学館」で科学を遊ぼう

  • 293 |

静岡県浜松市にある「浜松科学館」は、科学の不思議を体験できる展示がたくさん揃った施設です。自然・宇宙・光・力・音・エレクトロニクスの6つをテーマに、見たり触ったりしながら、科学を身近に感じられる仕掛けがいっぱいです。

http://kazundo.exblog.jp/

「浜松科学館」の魅力とは?

入館してまず目に入るのはエントランスロビーにいる「お話しロボット」。背の高いロボットくんとおしゃべりをしたり、占いやジャンケンなどで楽しめて、これから始まる科学の世界への期待値がグンとあがります。
自然のコーナーでは、マグマが噴出する火山の仕組みや、地震がおこるメカニズム、竜巻を起こす実験など、日常で気になる自然、気象の現象を模型やパネルで見られます。
2Fにはエレクトロニクスのコーナーがあり、自立走行型ロボット「ブルー夢」(ぶるーむ)くんが出迎えてくれます。3階プラネタリウムの宇宙帆船 「ワンダー号」に乗って、 地球にやってきたそうで、以前から科学館にいたグリ夢ちゃんとはきょうだいなんだとか。モニターに映し出される表情は豊かで、親しみのあるキャラクターです。
ブルー夢くんは館内の案内のほかにも、記念撮影をしたり、昆虫採集ゲーム、ロボキャラ占いなど多彩な楽しみを提供してくれます。
また、館内にはプラネタリウム設備もあり、週末には1日4回、平日も1日2回のプログラム上映があります。ほかにも生演奏のコンサート「プラネタリウム&コンサート」や、トークショーなどの特別企画もあり、非日常の世界に誘ってくれます。
普段意識することなく生活している中にも、たくさんの「科学」があふれていることを体感できる浜松科学館。一日ゆっくり過ごせる施設です。

「浜松科学館」へのアクセス

【車の場合】

東名高速道路「浜松IC」からは国道1号線、県道65号線を経由して約30分です。
「浜松西IC」からは県道48号線・舘山寺街道を経由して約25分です。

【電車の場合】

JR浜松駅から徒歩約7分、または遠州鉄道新浜松駅からは徒歩約10分です。浜松駅からは、南口を出て左手に約550m、新幹線の線路沿いを歩くのがわかりやすいでしょう。

スポット詳細

名称:浜松科学館
所在地:静岡県浜松市中区北寺島町256-3
定休日:毎週月曜日、祝日は営業し翌日休み、年末年始(12月29日~1月3日) 
営業時間:9:30~17:00 ※7月20日~8月31日は9:30~18:00(入場は各30分前まで)
料金:
常設展は大人500円、高校生350円、中学生以下無料
プラネタリウムとセットの場合は、大人900円、高校生550円、中学生以下100円
公式サイト:http://www.hamamatsu-kagakukan.jp

ページTOPへ

「浜松」周辺の関連記事

このページのTOPへ