中国地方最大級のプラネタリウム!倉敷科学センターで星を見よう!

  • 806 |

岡山県倉敷市は、岡山県南部の瀬戸内海沿岸に位置しており、中国地方では三番目に多くの人口を抱える都市です。倉敷川沿いにある美観地区は、白壁の町として全国的にも有名になっており、倉敷と言えば、美観地区の景観を浮かべる人も多いのではないでしょうか。そんな倉敷市にあるプラネタリウムのある科学館、倉敷科学センター。ここでは、倉敷科学センターの魅力を解説します。

http://kura-kagakukan.blogspot.jp/

倉敷科学センターとは?


倉敷科学センターは、倉敷市の生涯学習施設、ライフパーク倉敷の敷地内にある科学センターです。最寄駅は山陽本線の倉敷駅、もしくは児島駅からもバスを利用して訪れることができます。プラネタリウムをはじめ、サイエンスショーやCG立体映像システムを使ったシアター、天文台での天体観測など、さまざまなイベントを楽しむことができる施設になっています。


倉敷科学センターの魅力とは?


倉敷科学センターにあるプラネタリウムは、中国地方でも最大級の規模を誇る、21mドームスクリーンが自慢です。プラネタリウムでは、当夜21時の夜空に浮かぶ星々を再現しているため、毎日違う星々を見ることができます。プラネタリウムで映写できる星の数は、約2万5000個。数千年もの途方もなく長い月日を過去や未来に渡り、天体の運行を忠実に再現することができます。また、全天周映画も上映されており、21メートルのドームスクリーンに映し出される映像とドーム内に設置された8機のスピーカーから聞こえる音声は、圧巻の一言です。


倉敷科学センターへのアクセス


倉敷科学センターは、倉敷市の生涯学習施設、ライフパーク倉敷の敷地内にあります。公共機関を利用して訪れる場合は、山陽本線の倉敷駅のバス5番のりばから、大高・五軒屋経由JR児島駅行きの下電バスに乗り、福田中学校前で降りてください。または、児島駅のバス1番のりばから、塩生・呼松JR倉敷行きの下電バスに乗り、福田中学校前で降ります。車で訪れる場合は、国道2号線の笹沖交差点から約15分。瀬戸中央自動車道水島インターチェンジから約15分かかります。駐車場は無料になっており、430台も停めることができますので、立地的にも車で訪れるのが良いかも知れません。

スポット詳細
・名称:倉敷科学センター
・所在地:岡山県倉敷市福田町古新田940
・営業期間:9:00〜17:15
・休館日:毎月月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
・料金:大人410円 こども100円
プラネタリウム:大人410円 こども210円
全天周映画:大人410円 こども210円
・ホームページ:https://www2.city.kurashiki.okayama.jp/lifepark/ksc/index.html

ページTOPへ

「倉敷」周辺の関連記事

このページのTOPへ