大垣市で月面体験!地球と宇宙をテーマにしたこどもサイエンスプラザ

  • 377 |

岐阜県大垣市は、岐阜県の西濃地方に位置し、県庁所在地である岐阜市の次に多い人口を擁する都市です。大垣市は飛び地という変わった市域を持っており、全国の市町村の中でも珍しい都市になっています。そんな大垣市にある大垣市スイトピアセンターこどもサイエンスプラザは、自然や地球、宇宙に関する体験ができる施設です。ここでは、大垣市スイトピアセンターこどもサイエンスプラザの魅力を解説します。

http://b767-281.cocolog-nifty.com/

大垣市スイトピアセンターこどもサイエンスプラザとは?


大垣市スイトピアセンターこどもサイエンスプラザは、遊びながら科学体験ができる施設です。大きな最寄駅はJR東海道線の大垣駅になっており、西大垣駅や室駅からも便利に訪れることができます。大垣市スイトピアセンターでは、子供たちが遊びながらさまざまな科学体験ができるこどもサイエンスプラザをはじめ、水をテーマにした水のパビリオンやプラネタリウムのコスモドームなどの施設が利用できます。


大垣市スイトピアセンターこどもサイエンスプラザの魅力とは?


大垣市スイトピアセンターこどもサイエンスプラザでは、自然や地球、宇宙をテーマにしたさまざまな種類のゲームを体験することができ、全部で39個ものアイテムが用意されています。重力が1/6になり、月の重力を体験することができるスペースウォークや平衡感覚を試されるアトラクションの立てるかな?などがおすすめです。また、水のないプールのボールプールや子供用のクライミングなども楽しむことができます。まさに親子一緒に楽しみながら学習できる施設と言えるのではないでしょうか。

大垣市スイトピアセンターこどもサイエンスプラザへのアクセス


大垣市スイトピアセンターこどもサイエンスプラザ周辺には鉄道路線の駅が多くあり、公共機関を利用するのに大変便利です。公共機関を使って訪れる場合は、JR東海道線の大垣駅から徒歩で約15分かかります。養老鉄道の室駅が一番近く、徒歩で約5分となっています。また、大垣駅前からは、名阪近鉄バスを利用することも可能です。車を使って訪れる場合は、明神高速道路の大垣インターチェンジから約15分。東海環状自動車道の大垣西インターチェンジから約5分かかります室内でさまざまな楽しみ方ができる大垣市スイトピアセンターこどもサイエンスプラザは、雨の日に子どもと一緒に遊びにいく場所としても大変最適なスポットです。

スポット詳細
・名称:大垣市スイトピアセンターこどもサイエンスプラザ
・所在地:大垣市室本町5丁目51番地
・営業期間:9:00〜17:00
・休館日:毎週火曜日(その日が祝日に当たるときは、その翌日)、祝日の翌日(その日が日曜日又は火曜日に当るときはその翌日とし、その日が月曜日又は土曜日にあたるときは、その翌々日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
・料金:無料
・ホームページ:http://www2.og-bunka.or.jp/info/science.html

ページTOPへ

「大垣」周辺の関連記事

このページのTOPへ