日本最大級のプラネタリウム!姫路科学館で遊ぼう!

  • 616 |

姫路市は、兵庫県の南西部に位置し、県内でも2番目に多い人口を抱える都市になっています。また、世界遺産の姫路城がある都市としても全国的に有名です。そんな姫路市にある姫路科学館は科学に関する実験体験や本物体験を重視した施設です。ここでは、姫路科学館の魅力を解説していきます。

http://koni2011.blog.so-net.ne.jp/

姫路科学館とは?


姫路科学館は、科学や地球、宇宙や郷土の自然をテーマにした姫路市が運営する科学館になります。最寄駅は姫路駅で、姫路駅からはバスを使って訪れるのが便利です。1993年に開館し、別名「アトムの館」という名称で市民に親しまれています。日本最大級のプラネタリウムが全国的にも有名で、近隣には天体観測施設のある星の子館もあります。また、サイエンスショーやオリジナルの展示品なども見ることができます

姫路科学館の魅力とは?


姫路科学館の魅力は、やはり日本最大級のプラネタリウムでしょう。直径27mの巨大なドームスクリーンは国内第4位、世界でも第5位の大きさを誇ります。綺麗な無数の星々やリアルな天の川など、より本物に近い美しい星空を体験することができます。また、当館のスタッフによるサイエンスショーやお話し会、たくさんのオリジナル展示装置による実験体験なども楽しめます。親子をはじめ、老若男女さまざまな方におすすめできる施設になっています。

姫路科学館へのアクセス


姫路科学館へ公共の交通機関を利用して訪れる場合は、JR姫路駅北口から神姫バス北4番のりばから、太市行きのバスに乗ります。星の子館前で下車してすぐの場所になります。バスの所要時間は約20分です。また、バスの本数は少ないため、あらかじめバスの時間を調べておくようにしましょう。車の場合は、山陽自動車道姫路西インターチェンジから約10分。JR姫路駅からは約20分かかります。敷地内には専用の駐車場がありますが、満車の場合は桜山公園の駐車場を利用することもできます。ちなみに桜山公園駐車場から姫路科学館までは徒歩で約10分かかります。近隣には天体観測施設のある星の子館をはじめ、兵庫県立こどもの館や自然観察の森もありますので併せて訪れるのもおすすめです。

スポット詳細
・名称:姫路科学館
・所在地:姫路市青山1470-15
・営業期間:9:30〜17:00
・休館日:毎週火曜日(祝日・休日のときは開館します)、祝日や休日の翌日(土・日・祝日にあたる場合は開館します)、年末・年始(12月27日~1月3日)、設備点検日等
・料金:常時展示観覧料:一般500円 小中高生200円
プラネタリウム:一般500円 小中高生200円
・ホームページ:http://www.city.himeji.hyogo.jp/atom/index.html

ページTOPへ

「姫路」周辺の関連記事

このページのTOPへ