福岡に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 1206 |

福岡へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた福岡のおすすめのグルメを紹介します。

博多水炊き

博多水炊きは、福岡県福岡市博多区を中心として九州で食べられる鍋料理で、水で鶏肉のぶつ切りを煮立てたスープに、鶏肉とキャベツなどの野菜をポン酢しょうゆで食べます。水炊きのルーツは、安土桃山時代まださかのぼり、東南アジアやポルトガルとの交流が行われたことをきっかけに水炊きは広がったと言われています。鶏そのものの旨味を最大限引き出した博多の水炊きは、一般的な鍋料理に使う白菜ではなく、キャベツを使うことでより美味しさが引き立ちます。博多の名物料理を食べたい人におすすめの料理です。

久留米ラーメン

久留米ラーメンは、福岡県久留米市を中心に食べることができるご当地ラーメンで、豚骨ラーメンの元祖とされるラーメンです。昭和12年に西鉄久留米柄駅前に屋台を出していた宮本時男氏が、横浜の中華そばと長崎ちゃんぽんを参考に豚骨スープを考案したと言われています。豚骨ラーメン好きなら絶対に食べておきたい、豚骨ラーメンのルーツとなるラーメンです。

田川ホルモン

田川ホルモンは、福岡県田川市を中心として食べることができるご当地グルメで、特性のタレで下味をつけたホルモンと豆腐、玉ねぎ、キャベツ、もやし、ニラなどの野菜を炒め煮した料理です。田川市は筑豊炭田により炭鉱として発展しており、炭鉱夫がスタミナをつけるために、栄養価の高いホルモンが良く食べられその中で生まれた料理です。現在では野菜も多く、ホルモンからとれるコラーゲンも豊富なため女性からも人気の高い料理となっています。

ページTOPへ

「福岡」周辺の関連記事

このページのTOPへ