牧場の宿&キャンプ場もある信州「滝沢牧場」は、動物とのふれあいや、体験プログラムが充実!

  • 404 |

信州・野辺山高原にある滝沢牧場は、10万平方メートルという広大な敷地の中で牛をはじめヤギなど、たくさんの動物とふれあうことができます。また乗馬レッスンやバター作りといった体験プログラムが充実しています。お弁当を持って気軽に遊びに出かけてみませんか。

lovesesame.exblog.jp

滝沢牧場の魅力

八ヶ岳のふもとにある滝沢牧場は、乳牛などの牛をはじめ、静かに草をはむ羊たちやウサギとふれあったり、アスレチック遊具で遊んだりと、県内外から家族連れやカップルで、とても賑わっている牧場です。広大な敷地を移動する乗物「トラクター遊覧車(牧場一周・1人500円)」は、およそ15分間の遊覧でエサを食べる牛など、牧場の中をゆっくりと眺めることができます。

体験プログラムが充実

インストラクターにやさしく教えてもらえる乗馬レッスン(4,000円)は、30分間で早足(人間でいう早歩き)まで体験できます。目の前に勇壮な八ヶ岳をのぞみながら、カウボーイ気分を味わえますよ。ジャージー牛の乳しぼり体験は、ソフトクリーム付で750円(要予約)です。バター作り(2名から・1人750円)は、搾りたての牛乳の入った容器をひたすら振り続けて作り、出来あがったバターをパンに塗って試食。濃厚でなめらかな手づくりのおいしさが、その場で味わえます。アイスクリーム作りも、ぜひチャレンジしてみたいプログラムですね。牧場でたっぷり遊んだ後、自分で作ったアイスクリームはきっと格別です。また、自然の中に似合う音色を奏でるバードコール作り(800円)も楽しそうです。場内には牧場の宿やキャンプ施設もありますので、宿泊をかねてゆっくり過ごすことができます。

滝沢牧場へのアクセス

【自家用車を利用する場合】
高井戸ICから中央自動車道経由の場合、中央自動車道・須玉ICから国道141号線を北上し野辺山まで約2時間30分です。

練馬ICから関越自動車道経由の場合、上信越自動車道・佐久ICから国道141号線を南下し野辺山まで約3時間です。

名古屋方面から中央自動車道経由の場合、中央自動車道・小淵沢ICから高原ラインで清里へ、八ヶ岳広域農道、清里高原道路を経由、清里で国道141号線に出て北上し、野辺山まで約3時間30分です。

【公共交通機関を利用する場合】
新宿から「特急あずさ・スーパーあずさ」に乗車し、小淵沢で小海線に乗り換え「野辺山駅」で下車、約2時間30分です。

東京から「新幹線あさま・はくたか」に乗車し、佐久平で小海線に乗り換え「野辺山駅」で下車、約3時間です。

名古屋から「特急しなの」に乗車し塩尻で中央東線に、小淵沢で小海線に乗り換え「野辺山駅」で下車、約3時間30分です。

スポット詳細
名称:滝沢牧場
所在地:長野県南佐久郡南牧村野辺山23-1
定休日:5~10月は無休、11~4月は不定休 キャンプ場の営業期間は4~11月
営業時間:9:00~18:00
料金:入場無料、駐車場無料 牧場体験プログラムやバギー、トラクター等は有料
公式サイト:http://www.takizawa-bokujo.jp/

ページTOPへ

「佐久」周辺の関連記事

このページのTOPへ