asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

ウェイクボード 初心者でも立ちたい!そのコツは?

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

マリンアクティビティの代表格ウェイクボードは、少しポイントをおさえれば、初心者の方でも簡単に立ち、滑ることができる楽しいスポーツ。ここではウェイクボードの基本のキ、「立ち方」について解説します。

ウエイクボード 最初の一歩は陸上で「利き足」を把握

めがねトンボ / PIXTA(ピクスタ)

まずは陸上でウェイクボードに立つイメージトレーニングを行います。その際、最初にすべきは自分の利き足(軸足)を決めること。ほとんどの人が利き手と同じ側ですが、利き足を間違えるとウエイクボードを操るのが非常に難しくなるので念の為に確認してみましょう。

確認の方法はとても簡単!楽な姿勢で立っている時に、後ろから誰かに背中を押してもらいます。その時に、前に出ず残った方の足が利き足。ひとりで確かめるのなら、まずはうつぶせに。その状態からパッと立ち上がろうとした時、後ろに来る方が利き足となります。

ウェイクボードは横乗りのスポーツなので、左右の足はどちらかが前、どちらかが後ろになります。ちなみに利き足は後ろを担当し、舵の役目(左右の方向を決める)を果たします。前にくる方の足には安定させる役割があり、板が暴れないように押さえつけるようにします。ちなみに右足が後ろになる人は「レギュラー」、逆の人は「グーフィー」と呼ばれます。

ウェイクボードの練習は、まず陸上で

水上に出る前に、陸上でテイクオフのイメージをつかんでおきましょう。バーの代わりになるものを用意して、誰かにそれを引っ張ってもらいます。

バーをもって体育座りをしたら、パートナーにそれを引っ張ってもらいます。するとバーとともに身体が一緒に引っ張られ、おしりがカカトにくっつくはずです。そこのポイントにきたら、そのまま引っ張られる力を利用してスッと立ちます。大切なのは引っ張られる力を最大限利用するために、自分からは引っ張り返さないことです。

水上でウェイクボードに立ってみましょう

sportpoint74 / PIXTA(ピクスタ)

陸上でしっかりイメージトレーニングができたら、いよいよ水上に出てみましょう。

約束通り、バーをもったら体育座り!膝をしっかり曲げ、腕を両足の間にもてきて、肘を曲げて脇をしめます。

水の抵抗を板に感じ始めたら、板の角度を調節します。水平より少し角度をつける、つまりボトムを前方(引っ張られる方向)に向けます。その状態で姿勢をキープしていると、板が浮いてくるのを感じるはず。そのタイミングで上体をスッと上に動かしましょう。板の上に立ちながら、利き足(後ろ足)を軸に板を回転させるようにします。