ザ・ペニンシュラ東京「ザ・ロビー」豪華な空間で上品な午後を!

  • 1629 |

ザ・ロビーは、有楽町にある一流ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」にあるコンチネンタルダイニングです。有名インテリアデザイナーが作り出した和のテイストとペニンシュラが融合した素敵な空間で、朝食、ランチ、ディナーの他、アフタヌーンティー、カクテルタイムのオールデイタイムが楽しめます。

http://mizery.blog103.fc2.com/

ザ・ロビーとは?

広々としていて、煌びやかな心地よい空間が広がるザ・ロビーは、ザ・ペニンシュラホテルズの象徴です。ホテルの正面玄関を抜けると、もうそこは歓迎ムードが漂うダイニングです。ザ・ロビーの中央には、インテリアデザイナー・橋本夕紀夫氏が手がけた花火や蛍をイメージした美しいシャンデリアがあり、訪れた人の目をひきます。

バルコニーでは昼はクラシック、夜はジャズの生演奏が披露されるので、音楽を聴きながら料理を堪能するという優雅なひとときを過ごせます。

ダイニングでは、カジュアルからフォーマルまでさまざまなシーンに対応するメニューがあります。どの料理も料理長の榮岩雅幸氏が厳選した良質なフルーツや野菜などの食材を贅沢に使った品になっています。

季節のフルーツを贅沢に使ったアフタヌーンティー

ザ・ペニンシュラ東京の伝統的なアフタヌーンティーと言われているのが「ザ・ペニンシュラ クラシックアフタヌーンティーセット」です。季節のフルーツを使ったスイーツやライトミールが3段のティースタンドにのせて提供されます。

上段には季節のケーキ・マドレーヌ・パイなど、中段には2種の自家製スコーンが4つ、下段にはスープと3種のサンドイッチが盛り付けてあり、とても満足できる内容となっています。ドリンクは、何種類もの紅茶・ハーブティー・コーヒーの中から好きなだけ楽しめます。

その中でもザ・ペニンシュラ東京オリジナルの紅茶が大人気です。世界コンペティションでの受賞歴もあるパティシエが手がけるスイーツは、どれも素材の味が引き立つ品で、口に入れると深い味わいが広がります。

tokyo.peninsula.com

ザ・ロビーへのアクセス

ザ・ロビーは、ザ・ペニンシュラ東京の1階にあります。東京メトロ日比谷線日比谷駅と東京メトロ有楽町線有楽町駅のA6・A7出口直結です。120台収容可能の駐車場があり、レストランでのご利用額が6000円以上の場合は2時間、12000円以上の場合は4時間無料で利用できます。アフタヌーンティーセットの予約は、土日は受け付けていませんので、ご注意ください。

スポット詳細
名称:ザ・ロビー
所在地:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京1F
定休日:無休
営業時間:ブレックファスト 6:30〜11:00
     ランチ 11:30〜14:30
     アフタヌーンティー 14:30〜17:00
     ディナー 18:00〜22:00
     カクテルタイム 22:00〜23:00(日〜木) 22:00〜24:00(金・土)
料金:(予算)ランチ 3000〜4000円 ディナー 4000〜6000円
公式サイト:http://tokyo.peninsula.com/ja-JP/fine-dining/the-lobby-afternoon-tea

ページTOPへ

「銀座・有楽町」周辺の関連記事

このページのTOPへ