世界最長の吊り橋の“てっぺん”へ!明石海峡大橋ブリッジワールドで海上300mの絶景を望む

  • 1529 |

明石海峡大橋は、淡路島と神戸を結ぶ、全長3,911メートルの世界最長の吊り橋です。実はこの世界最長の吊り橋、主塔のてっぺんに登れることで有名です。世界最長の吊り橋のてっぺんから望むパノラマビューを楽しめる、明石海峡大橋ブリッジワールドについて紹介します。

http://www.jb-honshi.co.jp/

「明石海峡大橋ブリッジワールド」とは?

世界で2つだけの“ブリッジクライム”ツアー

「明石海峡大橋ブリッジワールド」とは、世界一の明石海峡大橋の普段は立ち入ることができない場所を見学し、主塔に登って海面298mからの360℃の大パノラマを眺めることができるツアーです。

「ブリッジクライム」とも呼ばれる、この壮大でスリリングなアクティビティが体験できるのは、世界でもオーストラリア・シドニーの「ハーバーブリッジ」と「明石海峡大橋」の2ヶ所だけのため、世界的にも有名なスポットとして知られています。

案内人はエンジニア。空中散歩から海上300mの絶景へ

まずは「橋の科学館」でツアーの概要説明、橋梁技術の説明を受けます。そして誓約書にサインし、ヘルメットを装着し、小物を持ち運ぶためのポケットがいっぱいついたベストを着用したらいざ、ツアーへ。

案内人は実際に明石海峡大橋の建設に携わったエンジニアが担当します。海面から約50mの「幅広管理路」では足元が格子状になっていて海面を見ることができます。ときおり橋の下を航行する船も見おろすことができて、さながら空中散歩のような気分です。

そして、約1kmの空中散歩のあとは、いよいよエレベータに乗ってクライマックスの海上約300mの塔頂へ。天気がいい日にはあべのハルカスや関西空港、小豆島まで見渡せるほど、幅広い景色を楽しむことができます。

2015年は11月29日まで。早めの予約を!

ツアー料金には、付属施設の「橋の科学館」および「舞子海上プロムナード」の入場券も含まれています。ツアーの後は、ぜひ食事やショッピングも楽しんでみてください。

ブリッジワールドは、毎年4月1日から11月30日までの木曜日から日曜日の毎日と祝日に実施されています。※今年は11月29日(日)が最終日となります。事前予約が必要なので、詳細は公式サイトをご覧ください。

明石海峡大橋へのアクセス

【電車・バスで行く場合】
JR神戸線「舞子駅」より徒歩約5分
山陽電鉄「舞子公園駅」より徒歩約7分
高速バス「高速舞子」バス停より徒歩約7分
※高速バスの下り線では「高速舞子」で降車できませんのでご注意ください

【車で行く場合】車で行く場合
■大阪・神戸方面から
第二神明道路「高丸IC」より南西へ約3km
※「垂水JCT」では出られませんのでご注意ください。
■岡山・姫路方面から
第二神明道路「高丸IC」より南西へ約3km
■山陽道方面から
神戸淡路鳴門自動車道「布施畑IC」より南へ約9km
■有馬・宝塚方面から
阪神高速7号北神戸線「前開IC」より南へ約8km
■淡路島・四国方面から
神戸淡路鳴門自動車道「垂水IC」より南へ約4km

スポット詳細

名称:明石海峡大橋ブリッジワールド
所在地:神戸市垂水区東舞子町4-115 JB本四高速舞子ビル2F ブリッジワールド事務局
定休日:月曜日(但し、祝日は除く)
ツアー開催期間:4月1日から11月30日までの毎週木曜日から 日曜日までの毎日と、祝日 公式サイトからお申込みください。
営業時間:【午前の部】受付9:15~9:30 ツアー実施9:30~12:10
     【午後の部】受付13:15~13:30 ツアー実施13:30~16:10
料金:大人3000円、中学生1500円(参加者は中学生以上 ※中学生は大人の同伴者が必要)
公式サイト:http://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/index.html

 

 

ページTOPへ

「垂水・神戸西」周辺の関連記事

このページのTOPへ