横浜日産自動車工場で工場見学!最新の「モノづくり」を見に行こう!体験コーナーでもっと楽しい

  • 474 |

横浜市神奈川区には、日産自動車の横浜工場があります。横浜工場は、自動車のエンジンやサスペンション部分を生産するユニット工場の役割を果たしています。工場見学が平日に2回行われており、生産ラインの見学や、エンジンミュージアムの見学ができます。

http://blog.livedoor.jp/

日産発祥の地として、自動車の最重要部品を担う横浜工場!

日産自動車は、自動車を部品から組み立てまで行う一貫生産工場として1933年に誕生した、日本で初めての量産工場です。現在では、車両組み立て工場として横須賀市に追浜工場。高級車やスポーツカーを生産する栃木工場。最新鋭のVQエンジン生産するいわき工場と分けられています。広大な横浜工場内では、工程ごとに効率よく生産する日産生産方式が導入され、自動車の心臓部とも言えるエンジンやサスペンション部分を生産しています。

大人も子どもも楽しい!モノづくりの工程を間近で体感!

工場見学は小学生以上が対象で、月曜日から金曜日まで工場見学が可能です。見学の内容は、ビデオ上映や説明などを行った後、エンジン組み立てラインの見学を行います。エンジン組み立てラインでは、量産タイプの最新MR型エンジンの生産ラインの見学のほか、VR38型エンジンの見学も可能です。VR38型のエンジンの組み立ては、流れ作業式のMR型よりも見応えは十分。1つ1つ丁寧に熟練者が組み立てる、クリーンな場所で生産されています。VR38型エンジン見学は、通常の見学では向かわないため、申し込み時にお知らせ下さい。組み立てラインの見学を終えると、併設されている「エンジンミュージアム」の見学に向かいます。こちらは見学以外でも入館することができ、入館無料です。日産のモノ作りの原点を知る事ができる、貴重な資料が揃います。館内では、ものづくりに工夫された簡単な装置を展示しており、実演を行っています。その後は質疑応答が行われ、知りたい事や分からない事を、直接聞くことができます。

日産自動車 横浜工場へのアクセス 予約方法

電車の場合は「新子安駅」、京浜急行「京急新子安駅」から徒歩約17分。または、市営バス「新子安駅」から約10分後「宝町」下車です。車の場合は首都高速の東京方面から「守屋町」ランプ。または横浜方面から「子安」ランプよりそれぞれ約2分です。工場内での写真・動画撮影は厳禁。見学時は動きやすい服装や靴を心掛けて下さい。最少遂行人数は8人で、最大60人まで行えます。インターネット予約はこちらで受け付けています。https://nissantour.secure.force.com/plant/VisitSchedule_Page?fCd=003&tCd=1

スポット詳細

名称:日産自動車(株)横浜工場 
所在地:神奈川県横浜市神奈川区宝町2 ゲストホール
定休日:土日・工場非稼働日
営業時間:第1回 午前10時から午前12時 第2回 午後2時から午後4時
料金:無料
お問い合わせ:045-461-7090 (土日・非稼働日を除く午前9時から午後4時まで)
公式サイト:http://www.nissan-global.com/JP/PLANT/YOKOHAMA/#visit

 

ページTOPへ

「横浜・みなとみらい」周辺の関連記事

このページのTOPへ