ワタリウム美術館 アクセス情報や館内のおしゃカフェ情報ご紹介!

  • 1735 |

東京メトロ銀座線「外苑前駅」から徒歩約8分のところにある「ワタリウム美術館」は、主に現代美術を扱う私設美術館です。一風変わった企画や展示に定評があり、多くの美術ファンから支持を得ています。また毎週水曜日は開館時間が午後9時まで2時間延長されるんです!いつもは7時で終わってしまう展覧会も、水曜日だけは会社帰りにゆっくりと鑑賞することができます。普段とは趣の異なる夜の美術館も楽しんでみてください。

http://www.zap-co.com/

ワタリウム美術館の魅力

ワタリウム美術館は1990年に開館した、国際的現代美術作品をあつかう私設美術館です。美術館の前身は1982年から89年にかけて和多利志津子さんによって運営された「ギャルリー・ワタリ」。神宮前の土地に建てられた美術館は、スイスの建築家マリオ・ボッタの手によって建てられました。美術館が取り上げるアーティストや、企画される展覧会は極めて高く評価され、現代の日本で最も質の高いコンテンポラリー・アートの展覧会を手掛ける美術館として知られています。
普段は午後7時で閉館となる美術館ですが、毎週水曜日だけは午後9時まで開館時間が延長されるので、普段は休日しか訪れることができない方も、仕事の帰りにゆっくりと作品を鑑賞する事が出来ます。外苑前のおしゃれな環境と、街に劣らず洗練された美術館の建築は夜のデートスポットとしても最適です。また、作品の魅力を最大限に引き出すための、ユニークな展示方法も常に注目を集めています。2012年に開催された「ひっくりかえる展」では、館内を燃やすパフォーマンスが話題となり、連日多くの人が訪れました。

ミュージアムショップ オン・サンデーズ

ワタリウム美術館はミュージアムショップがたいへん充実した美術館としても知られています。ミュージアムショップ「オン・サンデーズ」は、カタログや展覧会グッズなどを売るだけの一般的なミュージアムショップとは違い、日本では目にすることのない画集や写真集、アーティストブック、さまざまな美術関係の書籍やポストカードなどが数多く取りそろえられ、知る人ぞ知る美術系専門書店となっています。店内には書籍だけでなく、アーティストグッズなどもたくさんそろえられ、訪れるだけでも楽しいミュージアムショップです。ショップには小さいカフェも併設されています。
もちろん開館時間の延長される水曜日は、ミュージアムショップやカフェの営業時間もそれに合わせて延長となりますので、ゆっくりと楽しむことができます。

館内にあるおしゃれなカフェテリアも人気!

http://plysima.exblog.jp/

地上5階建ての美術館は、スイスの建築家マリオ・ボッタの設計。洗練されたデザインに注目です。また、地下1階ブックショップの一角を占めるカフェコーナー「on Sundays」では、海外からの美術書・洋雑誌、おしゃれなポストカードに囲まれてゆったりとしたひと時が過ごせます。

ワタリウム美術館へのアクセス

営団地下鉄銀座線、外苑前駅より徒歩8分となります。外苑前駅から青山通りを渋谷方向に向かい、南青山三丁目の交差点を右折してください。一つ目の信号機の左手がワタリウム美術館です。

スポット詳細
名称:ワタリウム美術館
所在地:東京都渋谷区神宮前3-7-6
休館日:月曜日(祝祭日除く)年末12/31~年始1/4まで休館営業時間:(あれば)
開館時間:11:00am~7:00pm毎週水曜日は、9時まで延長
料金:一般1000円 学生800円 会員無料(会期中、何回でも入館できるパスポート制)
電話番号:03-3402-3001
公式サイト:http://www.watarium.co.jp/

 

ページTOPへ

「渋谷」周辺の関連記事

このページのTOPへ