世界遺産・富士山の新たな観光スポット「しのびの里」超速体験レポート!

  • 19215 |

富士急行株式会社は、山梨県忍野村に忍者をテーマにした新施設「忍野 しのびの里」を10月10日にオープンします。asoview!編集部スタッフが、「しのびの里」をいち早く取材してきました!

関連記事はこちら!

忍野八海へ
富士山の湧き水を飲もう!のどかな雰囲気の忍野八海で水の透明度に感激

ハイランドホテル&フジヤマ スカイ バルコニー
フジヤマ スカイ バルコニーでもっとも美しい富士山を独り占め!

優雅にアフタヌーンティーを楽しむ
富士山を見ながら優雅にアフタヌーンティーが楽しめる「レ レーブ サロン・ド・テ」

温泉でのんびりリフレッシュ
​富士山観光の締めくくり!リフレッシュも美肌も叶う「ふじやま温泉」

この秋オープン!「忍野 しのびの里」

「忍野 しのびの里」は、富士山を一望できる日本庭園や忍者アトラクション、レストラン、茶処、売店から成る「忍者テーマビレッジ」です。外国人観光客や子どもたちからも高い人気を誇る忍者体験やショーを楽しめます。敷地面積は、なんと東京ドーム4個分!

紅葉を見ながら、茶処「ふじみ茶寮」と足湯でゆっくり

茶処の目の前は日本庭園が広がり、四季折々の情緒あふれる景色を楽しめます。

富士山どら焼き抹茶セットは500円です。お抹茶(粉)が器に入っているので、自分で立てます。

焼きだんごは、みそだれ、しょうゆだれ、抹茶の3種類あり、各350円です。信玄餅のソフトクリームもあり、信玄餅味かとおもいきや、なんとソフトクリームの上に信玄餅がのっているそうです。ぜひ試してみてください。

茶処のとなりには、無料の足湯があります。富士山と紅葉を眺めながらの足湯は最高でした。

体験型忍者アトラクション「忍者からくり屋敷」

茶処から3分ほど歩いたところにあるのが、ここの見どころ「忍者からくり屋敷」です。


さっそく中に入ってみると、思わぬところに秘密の抜け道や隠し扉があったりと、なかなか次に進めません。まるで迷路のような屋敷は、一部屋一部屋に不思議なからくりがあり、まるでタイムスリップしたかのような、忍者になったかのような気分を味わえます。

もともと忍者がいたのか気になったasoview!編集部スタッフは聞いてみました。「忍野村には忍者がいたんですか?」すると、施設のスタッフさんは「そういうわけではないんですが、忍野の『忍』という文字から忍者が連想できます。」と。「なるほどですね!」

忍者の基本に挑戦しよう!「手裏剣道場」

ここは、手裏剣道場!ゴム製の手裏剣を使って、的を狙います。体験が大好きなasoview!編集部スタッフも挑戦してみましたが、まあ難しい…!ここまで当たらないものなのか…。手裏剣5枚で500円なのですが、当たるまでやり続けてしまいました。男性は割りとシュッシュあたっていました。

衣装をレンタルして、忍者になりきろう!

なんと忍者の服も1回500円でレンタルできます。色は黒で、M,Lサイズあり、園内を散策できます。簡易式なので、さくっと着られます。ピンクとパープルの簡易式着物もあるので、お友達、カップル、ご家族みなさんで、ぜひ着てお写真など撮ってみてください。

忍野の名水と地元の食材を活かした食事処「雪月風春」

富士山麓の野菜や魚など地域の食材を活かした日本料理や地元の伝統食などをいただけます。

食事席からの眺めは、最高です。

しのびの里を代表するメニュー・忍野御膳(2,500円)

名水百選にも選ばれた富士の湧水でつくられる極上の「忍野豆腐」や「忍野そば」、季節の川魚などふんだんに取り入れた御膳です。素材の味が活かされていました。

握り飯 忍び茶漬け膳(1,850円)

混ぜご飯は、そのまま食べても、薬味をのせても、だし汁をかけてお茶漬け風にしてもよし。三度楽しめる丼メニューです。

これから人気間違いなしの「しのびの里」。いち早く体験してみませんか?

施設概要
名称・忍野 しのびの里
住所:山梨県南都留郡忍野村忍草2845
営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
定休日:年中無休(施設点検等により休園する場合があります)
料金:大人(中学生以上)700円【庭園入園料+忍者カラクリ屋敷1回利用券付き】
   こども(3歳以上) 400円【庭園入園料+忍者カラクリ屋敷1回利用券付き】
※お食事をご利用の方は、食事代に【庭園入園料+忍者カラクリ屋敷1回利用券付き】が含まれています。
アクセス:
【バスをご利用の方】 富士急行線・富士山駅より 富士急バス・御殿場駅行(忍野八海経由)乗車18分
「忍野 しのびの里」バス停下車すぐ
【お車をご利用の方】
東富士五湖道路・山中湖ICより車で約6分、
公式サイト:http://www.oshinoninja.com/

ページTOPへ

「富士吉田」周辺の関連記事

このページのTOPへ