鳥取のおすすめ温泉ベスト10!「海の湯」「山の湯」「美肌の湯」よりどりみどり!

  • 6099 |

白砂青松の海岸ぞいにある温泉から、湖畔の温泉、情緒漂う温泉街の温泉まで、鳥取県にはバラエティ豊かな温泉がたくさん湧いています。「海の湯」「山の湯」とお好み次第で選べる鳥取県の温泉から、おすすめの10温泉をセレクト。その魅力をご紹介します。

鳥取市の温泉

鳥取温泉 全国的にも珍しい県庁所在地に沸く温泉

JR「鳥取」駅から歩いて5分、繁華街のど真ん中に湧く「鳥取温泉(とっとりおんせん)」。県庁所在地に沸く全国でも珍しい温泉として、観光客やビジネス客に広く利用されています。
明治37年頃に発見されて以来、駅周辺の発展とともに温泉街が成立。温泉付きの宿泊施設に加えて、気軽に利用できる温泉銭湯も点在していて、ふらりと訪れても楽しめます。旅の疲れを癒すのにぴったりの、気軽で便利な温泉です。

吉岡温泉 1000年以上の歴史を誇る山峡の閑静な温泉郷

江戸時代には鳥取藩主の御前湯として使われたという由緒正しい温泉が「吉岡温泉(よしおかおんせん)」です。1000年ほども前に、薬師如来からのお告げによって掘り当てられた湯で顔を洗うと、悪瘡に悩んできた娘の顔がみるみる快癒したという言い伝えがあり、皮膚病などにも効く温泉として湯治で訪れる人も多いです。日本最大の池・湖山池の南に位置する山峡の閑静な温泉郷です。

鹿野温泉 通称「おんな湯」、肌に優しい温泉

鹿野城の城下町として約400年前から栄えてきた街にあるのが「鹿野温泉(しかのおんせん)」。「おんな湯」と呼ばれるほどに肌に優しい、弱酸性の湯が楽しめます。昔の面影を残す古い城下町の街並みには、名所旧跡や土産物店が点在し、当時にタイムスリップした気分を味わうことができます。

浜村温泉 豊富な湯量が魅力

豊富な湯量と500年の伝統を誇る由緒ある温泉「浜村温泉(はまむらおんせん)」。傷ついた鷺が傷を癒した所に湧き出た温泉との伝承から「鷺の湯」とも呼ばれてきました。小泉八雲の著書「知られぬ日本の面影」に「不思議な程、渚に近い」との記述があるように、美しい海辺に近い温泉です。

岩美町の温泉

岩井温泉 伝統の「湯かむり唄」が残る温泉

約1,200年ともいわれる古い歴史を誇る、山陰最古の温泉が「岩井温泉(いわいおんせん)」です。清流・蒲生川に沿った温泉街は穏やかで素朴な情緒に包まれており、源泉かけ流しの湯を贅沢に味わうことができます。頭に手ぬぐいをのせて柄杓で湯をかけるという珍しい風習「湯かむり」が江戸時代から伝わり、この風習に欠かせない「湯かむり唄」の調べも現代まで継承されています。

倉吉市の温泉

関金温泉 古い宿場町に湧き出る癒しの湯

大山や蒜山三座などの山々を見渡す泉郷「関金温泉(せきがねおんせん)」。日本有数のラジウム含有量を誇り、「白金の湯」と呼ばれています。古くは街道を行き交う旅人の疲れを癒した湯に浸かりながら、宿場町の往時の賑わいに思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

三朝町の温泉

三朝温泉 世界トップクラスの高濃度ラドン泉

老化や生活習慣病の原因となる活性酸素を消去する作用を持つラドンをふんだんに含む、世界有数のラドン泉が湧き出ているのが「三朝温泉(みささおんせん)」。中国山地の山間に、緑豊かな温泉郷がひっそりと佇んでいます。
三朝温泉の魅力はなんといっても世界でもトップクラスのラドン濃度を誇るその泉質。神経痛、リューマチはもちろん、高血圧や糖尿病などへの効果を求めて、客足が絶えない人気の温泉地です。三朝川にかかる三朝橋のたもとには、無料の混浴露天風呂「河原風呂」もあります。どこか懐かしさを感じる街並みを眺めながら、ゆっくりとくつろぐことができる原風景の見える温泉街です。

湯梨浜町の温泉

はわい温泉 湖の底から湧き出る湖畔の温泉

フナ、コイ、シジミ漁でも知られる鳥取県中部の東郷湖、その西岸に位置するのが「はわい温泉」です。南国の「ハワイ」とは関係なく、もともとの地名が羽合(はわい)なのですが、「名前が同じ」という理由ではわい温泉がある湯梨浜町はハワイと姉妹都市の提携を結んでいます。
江戸時代に湖の底から湧き出ている温泉が発見され、当初は湖に船を浮かべてその上で入浴したとか。湖の周辺には温泉宿と並んで東郷羽合臨海公園があり、四季折々の景観が楽しめます。
また、湯梨浜町の二十世紀梨は全国的にも有名で、他にもイチゴ、メロンなどの新鮮な果物が楽しめるのも魅力の一つです。

東郷温泉 湖に沈む夕日を堪能できる温泉

山陰八景の一つに数えられる東郷湖の湖畔、「はわい温泉」と湖を挟んで反対側の東南端に位置するのが「東郷温泉(とうごうおんせん)」です。JR山陰本線「松崎」駅周辺に温泉宿が点在し、多くの観光客を迎えています。
中国河北省との友好の象徴として作られた中国庭園「燕趙園(えんちょうえん)」や、家内安全、商売繁盛、子宝などのご利益で知られる「湯の華慈母観音像」、恋の願いを叶えるとされる「鯉の像」がある東郷湖畔公園内の足湯「毘沙門天の湯」など、観光名所にもことかきません。また、一番の見どころとなるのが幻想的な夕景。湖の南東側に位置し、湖に沈む夕日を眺めながら入浴できるお宿もあり、魅力溢れる温泉地です。

米子市の温泉

皆生温泉 海と名峰を望む山陰最大の温泉地

「日本のなぎさ100選」「日本の白砂青松100選」にも選ばれた風光明媚な海岸沿いに観光旅館・ホテルが約30軒立ち並び、4,500人を収容できるのが山陰最大級の規模を誇る「皆生温泉(かいけおんせん)」です。
ナトリウムやカルシウム、塩化物を含む食塩泉は、保湿効果が高くなめらか。温泉街から美しい海と名峰大山の姿を眺めることができます。鳥取、島根の周遊に便利な米子市に位置し、山陰周遊観光の拠点としても便利。隣には日本一のカニの水揚げ量を誇る境港市があり、冬の松葉がにをはじめとする新鮮な海の幸が存分に楽しめるのも魅力です。

温泉のほか、イルミネーションやカニなど魅力いっぱいの秋冬の鳥取情報はこちら!

ページTOPへ

「鳥取市」周辺の関連記事

このページのTOPへ