鳥取のカニの魅力とは?水揚げ量日本一を誇る日本海ならではの「松葉がに」に舌鼓!

  • 2445 |

新鮮な魚介にハイクオリティな農産物や果物など、食の魅力にことかかない鳥取県。なかでも冬の愉しみといえばやはりカニなのではないでしょうか。カニの水揚げ量日本一を誇る鳥取県の冬のグルメ・カニの魅力についてご紹介します。

日本海発!冬の味覚王者・鳥取のカニとは?

荒々しい表情を見せる冬の日本海から届く味覚の便りといえば、なんといってもカニ!滋養豊富な日本海で育ったカニは、ぎっしりと詰まったジューシーな身に、上品な甘みと旨みが絡む極上の逸品です。9月に紅ズワイガニ、11月には松葉がに漁が解禁となり、鳥取の冬を代表するカニ料理が楽しめるシーズンが到来しました。
ズワイガニ(松葉がに)は、保護の目的から漁期が決められているので、この季節にしか楽しむことができません。ここでしか味わえない繊細な味わいを求めて、毎年リピーターも多く訪れる冬の味覚の王者が松葉がになのです。

日本海でのみ獲れる冬の味覚の王者「松葉がに」

鳥取県の冬の味覚・カニのなかでも、「松葉がに」はシーズンを代表する冬の味覚といってもよいほどの存在感を放っています。冬の魚介の王様であるズワイガニのうちでも、特に成長した雄の個体を「松葉がに」と呼び、この時期だけのごちそうとして古くから楽しまれてきたのです。
「松葉がに」の食べ方としてはゆであげたものに酢をきかせたカニ酢をつけて食べる「ゆでガニ」が一般的。ストレートにカニの旨みを楽しむことができ、カニ味噌を身に絡めて食べるのもまた格別です。カニ身の甘みを堪能したいなら炭火などの直火で焼いた「焼きガニ」もおすすめ。カニの旨みが焼くことでぎゅっと凝縮され、香ばしさ、甘さとともに楽しむことができます。さらに、新鮮なカニなら刺身でいただくことも可能です。プルプルした身は口の中でとろけるような独特の食感と、たまらない甘みでクセになること間違いなしの美味しさです。

焼きガニ
しゃぶしゃぶ用のカニ

日本一の水揚げ量を誇る境港市の「紅ズワイガニ」

境港市の「紅ズワイガニ」水揚げ量は堂々の全国1位。大陸棚に生息する「松葉ガニ(ズワイガニ)」に対して、深い海で育つ「紅ズワイガニ」は、名前の通り鮮やかな赤色が特徴となっています。身は繊細で、とてもみずみずしく、甘みの強いカニです。カニクリームコロッケなどの身近な加工品に、広く利用されています。地元では、紅ズワイガニを贅沢にも丸ごと一杯使った「境港 新かにめし」が食べられます。また、お土産として、ボイルされたものを手頃な価格で購入することもできます。

今年も大人気!「蟹取県ウェルカニキャンペーン」

カニの水揚げ量日本一の鳥取県から、おいしい鳥取のカニの魅力をもっと広く知ってもらおうと、今年も「蟹取県ウェルカニキャンペーン」と題して、カニの魅力を伝えるキャンペーンが開催されています。
2015年9月1日(火)から2016年2月29日(月)のキャンペーン期間中に対象宿泊施設に宿泊し、専用ハガキに「宿泊証明印」が押印されたものを応募すると、抽選で毎月100名(総勢600名)に「鳥取のカニ」がプレゼントされるうれしい企画です。
また、今年は、「蟹取県フォトコンテスト」を実施しています。カニキャップを着用したり、カニと一緒に撮ったりしたスマイルな写真を募集する「カニキャップスマイルコンテスト」と、鳥取県の名所・グルメなど鳥取に関するものと一緒に撮ったハッピーな写真を募集する「鳥取ハッピーフォトコンテスト」の2つの部門で募集中。松葉がにや鳥取県内の特産品等豪華賞品が用意されています。ぜひ応募してみてください。

境港港や田後港をはじめ、県内各所ではカニにまつわるイベントが多数開催される予定も。この機会に是非鳥取のカニの魅力に触れてみてはいかがでしょうか?

 

その他イルミネーション、温泉など魅力がいっぱいの鳥取県。その他の情報はこちらでチェック!

ページTOPへ

「鳥取」周辺の関連記事

このページのTOPへ