理科と数学が好きになる!?パナソニックセンター東京「リスーピア」に行ってきた

  • 9513 |

学生時代、理系科目がとことん苦手だったアソビュー編集部員Y。大人になっても「数学」と聞くだけで避けたいもの、という気持ちでした。そんな編集部員の価値観を180度変えてくれる施設、パナソニックセンター「リスーピア」が東京・有明にあると聞いて、早速行ってきました!

立派な建物にワクワク!

リスーピアのネーミングの由来は、RiSu(理数)+Pia(イタリア語で「広場」の意)=理数の魅力にふれ合う場、という意味だそうです。学校の授業とはまったく違うアプローチで、理数の世界を楽しく学び・体験できる施設です。週末は整理券を配布するほどの人気があると聞いて、期待が高まります。

場所はりんかい線 国際展示場駅の目の前。リスーピアはこのパナソニックセンター東京の中に入っています。改札を出て右に進むと最初にある建物で、アクセスは抜群です。外観だけだとオフィスビルかしら?と思ってしまいますが、ここで大丈夫です。

このビル全体の名称は「パナソニックセンター東京」。1階にはパナソニックの最新商品を展示していて、2階と3階がリスーピアです。まずはさっそくリスーピアへ。1階入り口のエスカレーターを登ってすぐ目の前です。

「クエストフロア」で数学や物理の法則を学ぶ

2階は「クエストフロア」と名付けられていて、不思議な展示がたくさん並んでいます。理数原理モデルの展示があり、実際に見て、さわって、その仕組みを学べます。物理法則の原理を理解して、日常のどういったところでその原理が使われているかを体験できるのだとか。なんだかすごい。楽しみながら数理の不思議を感じられるとのことで、さっそく体験です。

このフロアだけで10以上のテーマがあり、どれもかなりワクワクするものばかり。全部は紹介しきれないので、編集部員が特におすすめしたいトップ3をご紹介します!

第3位:目盛りが無くても量れる? 立体の体積

体積をはかる方法について学べます。1杯600mlの枡を使って、100mlを量ってみる、という方法です。水やお米を計るのに使っていた升。この立方体に満杯になった水を2分の1にする方法と6分の1にする方法を、ボタン一つで実演してくれます。

2分の1は分かりますが、6分の1ってどうやって計るんでしょう?むむ…。気になる答えは是非自分の目で確認してみてください!

第2位:ボールを転がすと…? ケプラーの法則

「ケプラーの法則」を学べます。いろんな位置からボールを転がしてみて、どんな動きをしながら穴に落ちるか?を見ていきます。
この穴に入るまでのボールの動きが面白い!ボールはすぐに穴に入るものだと思っていましたが…

ボールはしぶとく穴の回りをぐるぐるとまわっています!よくみたら楕円を描いてます。これが惑星の軌跡が楕円になるという「ケプラーの法則」の仕組みなのだそうです。ふむふむ。

第1位:クエストライブラリー

堂々のおすすめ第1位は、クエストライブラリー。豊富な映像アーカイブを活用したクイズ形式のライブラリーです。タッチパネルのかんたん操作でさまざまなテーマに挑戦できます。
この機械で理科と数学の演習問題をゲーム感覚で体験できます。小学校低学年の子どもから楽しめる内容なので、演習問題というよりは「なぞなぞ」に近いイメージです。さっそく挑戦!

体験できるテーマは、理科だけでもテクノロジー、植物、エネルギー、進化、動物、などなど。
宇宙の起源や謎もわかりやすく解説してくれる映像もあって、どれを体験するか迷ってしまうほどです。

物理の問題。想像力がかきたてられます。しかし答えが分からない。昔テレビで見たような気もするんですが…!

数学のテーマも、展開図、パズル、魔法陣、ピタゴラスの定理など、数字が苦手な編集部員でも「やってみよう」と思えるものがたくさんあります。一番人気のコンテンツ「一筆書き」にチャレンジしてみました!

ふむふむ。これだったらできる!余裕ですね!ということで調子に乗って上級にチャレンジ!

…………いや、私の頭では無理ですね。なんじゃこりゃ。調子に乗りすぎました。
でもこれも数学的な考え方で取り組めば簡単に解ける問題なんだそうです。数学って奥深い!と改めて見直してしまいます。

このクエストライブラリーには全部で100以上もの映像コンテンツが入っています。1問1問取り組んでいると、時間を忘れて1日中楽しめそうです。楽しみながら勉強できるし、素晴らしいです。実際に土日祝日は順番待ちで、1人10分の制限時間を設けるほど人気なんだそうです。

紹介したコンテンツの他にも、幼児から大人まで楽しめる様々なコンテンツが多数あります。ちなみにここまでご紹介した2階のコンテンツは、すべて無料で体験できます!お得すぎる!

そして実は、リスーピアの醍醐味は3階にあるといいます。理数系苦手の編集部員、早くも理数の世界のとりこになりつつあります。ワクワクしながら3階へ向かいます。

3階「ディスカバリーフロア」はもっとすごかった

エレベーターで3階へ。こちらは「ディスカバリーフロア」と名付けられていて、「見て、ふれて、理数の不思議を旅しよう」がコンセプト。ゲームをしている感覚で、理数の世界に出会えます。体験施設「ディスカバリーフィールド」は大人500円の有料エリアです。ただし高校生以下は無料とのことで、かなり良心的!

券売機で入場券を買って、いざ中へ。入り口でスマートフォンのような形の端末とイヤホンを渡されます。

画面の中には、エージェントという光の玉がゆらゆら揺れながら光っています。こちらはディスカバリースコープといって、展示の解説を見て・聞くことがことができる携帯端末なんだそうです。

指定された箇所にかざすと、そこの展示の解説や日常生活に潜んでいる事例などを、映像と音声で紹介してくれます。

最初の入口でかざすと、光の玉から何か生まれてきました。光の玉は卵だったようで、学べば学ぶほど進化していきます。ポケモンの世界に入ったような気分になってきます。この光の子どもと一緒に理数の不思議発見の旅へ出発です!

ディスカバリーフィールドの中へ

中はかなり広々としていて、未来的な雰囲気です。この日は平日でしたが、社会科見学か修学旅行だったようで、たくさんの学生がいました。このフロアにはなんと20以上のテーマが用意されています。やはり全部は紹介しきれないので、編集部員のおすすめトップ3をご紹介します。

第3位:ファンクションシューター

シューティング感覚で楽しみながら、関数の式とグラフについて学べます。関数のグラフ上に現れるターゲットを、数式を完成させて撃ちぬくゲームです。
関数の「y = ax + b」の「a」を左手のダイヤルで、「b」を右手のダイヤルで操作してyまで近づけます。文章で説明すると難しそうに感じますが、やってみると感覚をつかめばどんどんとはまっていく感じ。いつの間にか数式の世界に入り込んでいきます。

学生たちも夢中になってやっていました。ハイスコアを目指していくと、自然と関数について理解できてしまう、という素晴らしい夢のようなゲームです。これが編集部員の中高生時代にもあったら、もっと数学のことを好きになっていたのに…。今の学生がうらやましいです!

第2位:エネルギーコンバージョンボール

スタート地点から転がる出されるボールを、手にしたブロックを使ってゴールへと誘導。頭も体も使うゲームです!名前の通り物理のエネルギーがテーマですが、そのゲーム性の高さもあって、子どもたちから圧倒的人気があるそうです。

この日もたくさんの子どもたちがハイスコアを目指し、楽しそうに体験していました。家族で協力しながらチャレンジするのもおもしろそうです!

第1位:パフォーマンスシアター

参加型の3Dシアター、「パフォーマンスシアター」が編集部員の一番のおすすめです。大迫力の映像で理数の世界を体験できます。中央のシアターで、定期的に1回約20分のプログラムが開催されます。今回、アソビュー編集部が参加したのは「π(パイ)の不思議」というプログラム。
パイか…、円周率のことですね。ギリギリわかります。最近だと顔文字くらいしか使ってないですね。こんな感じで→(´・π・`)

そんなパイの歴史や奥深さを、スタッフが映像の中に入り込んで丁寧に教えてくれます。ビデオなのかと思ったら、この映像に映っているスタッフは、観客席の後ろにいて、リアルタイムで合成されています。すごい!
参加型のコンテンツで、編集部員もパイの世界に入ることができました!

自分がスクリーンの中に入っている、というのはすごく不思議な体験でした。数学にじかに触れる体験になって、とても楽しかったです。スタッフのかたもテンション高く盛り上げてくれて最高でした!パイって奥が深い。

このプログラムの参加は立候補制ですが、進んで手を上げて参加することをおすすめします!記念に写真ももらえます。スタッフの方と一緒に撮影したパイのポーズです。いい記念になりました。

ほかにもグラフ、図形、確率などの数学、熱や運動といった物理法則を体感できるゲームや、エアホッケーによく似た「素数ホッケー」など、思わずはまってしまうテーマの展示がこれでもか、と並んでいます。今回1時間と決めて回っていたのですが、全然回りきれませんでした。取材じゃなく、休みの日にもまた来たいです。

家に帰ってからも「復習」で楽しめる!

全部体験したかったのに回りきれなくて残念、という場合も安心。ディスカバリーフィールドでは、体験後にメンバーカードを発行してくれます。自宅のパソコンからメンバーカードのID、パスワードを入れてアクセスすれば、復習ができます。家に帰ってまで楽しめるなんて、これはうれしい。子供なら勉強がどんどん進みそうです。

週末はサイエンスショーや、算数や理科をテーマとしたワークショップなども開催。展示以外にも、楽しい学習の機会が待っています。

1階の展示フロアでは最新商品を試し放題!

1階には、パナソニックの新製品の展示コーナーがあります。ここに置いてある商品は本当に最新のもので、新商品の発表があった翌日にここに並びます。量販店で販売するはるか前に最新の商品を体験できて、しかも無料です。ちなみにここでは販売は行なっていません。

ほかにも、生活のシーンの中にある新しい4Kテレビのスタイルを提案しているコーナーや、日本の心づかいと上質な美意識を身につけた家電「Jコンセプト」の展示など、大人こそ楽しめる展示がたくさんありました。

パナソニックの最新マッサージチェアもあります。疲れたらここで癒やされましょう。最新のマッサージチェアは、もみほぐし具合がすごいです。

2020年に向けた展示も!

パナソニックセンター東京内には、オリンピックおよび、パラリンピック教育を支援する日本初の展示施設「Active Learning Camp」がオープンしました。それに合わせた特別企画展「The World of Sports」が11月8日まで開催中です。

特別企画展「The World of Sports」は、古代から近代まで、時空を超えた「スポーツ」の世界観や、競技場に入りこんだような臨場感を体感できる展示です。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、最新技術でより競技を身近に感じられる展示です。こちらも無料で楽しめるので、リスーピアと合わせて楽しむのがおすすめです。

展示・体験盛りだくさんの東京パナソニックセンター。「リスーピア」は特に家族での利用はもちろんのこと、最近ちょっと頭が錆び付いてきたかも、という自覚のある大人にもぜひおすすめしたい施設でした。あの頃の柔軟な頭を取り戻せるかも!?お台場などの散策と合わせて、次の休みに行ってみませんか?

■施設情報
名称:パナソニックセンター東京「リスーピア」
住所:東京都江東区有明3丁目5番1号
開館時間:10:00~18:00(最終入場17:00)
休館日:月曜日、年末年始
公式サイト:http://www.panasonic.com/jp/corporate/center/tokyo/risupia.html​

ページTOPへ

このページのTOPへ