陶芸教室で気軽に体験

  • 361 |

陶芸とは、陶器を作ることです。食器はもちろんのこと、花瓶や置物など、私達の生活の中に陶器は浸透しているものです。それ以外にも美術展や古物商などで陶器を目にすることも多いものです。中には芸術品といわれるものもあり、その価値の高さに驚かされることもしばしばあります。そんな陶芸は案外身近で出来ることをご存知でしょうか。

そもそも陶芸とは何か

陶芸体験とは、すなわち陶器を自分で作ることです。「作る」と一言で言ってしまいましたが、土を作るところから始めて、形を作り、焼き上げることまで踏まえたら相応の時間や手間がかかります。しかし体験の場合、その全ての工程を経験させてもらう訳ではありません。土は用意されており、こねたりして、形つくるまでを行います。あとの焼入れなどはおまかせとなります。

陶芸体験ができる場所

陶芸体験をしてみたいと思ったら、近くの陶芸教室などで出来ることも多くあります。また近くにそのような教室がなくても、地域のイベントなどで行われることもありますし、陶器の有名な土地で観光客相手のものも多くあります。陶器は後々まで残ります。その時の思いを残す一つの形としても、陶芸体験は利用する価値があります。

陶芸体験で得られるもの

旅先で作ったものならば、旅の思い出になることはもちろんですし、何かの記念にも使うことができます。自分のオリジナルのものを作ることができることから、使い勝手のよい、自分専用のものを作ることも可能です。また、芸術性に目覚めるのもよいです。自分で作る陶器には様々な利用価値がありますので、気軽に体験を利用するのもよいです。

ページTOPへ

このページのTOPへ