親子で陶芸にチャレンジ

  • 1306 |

親子で楽しめる体験型のレジャーは家族での旅行や休日のお出かけにおすすめです。その中でも小さなお子様でも楽しめ、形あるものが残る陶芸体験は親子での思い出作りに最適です。例えばお皿を作るときにお子様の手形をつければ世界に一つだけのお皿が出来上がります。パパは灰皿、夫婦で夫婦茶碗というように作れる作品は無限大です。

作品のイメージを固めよう

上手に作品を作り上げるためには、どのようなものを作りたいのかしっかりとイメージを持つことが大切です。出来は力量や設備にも左右されますが、上手に作る一番のコツは何に使うものか、どこに置こうかなど作りたいもののイメージをしっかりと固めることが大切です。ご家族で一緒に参加する場合には何を作ろうかと親子で話合うのも楽しみの一つになります。

美しい作品を仕上げるために

美しい作品を作るためには粘土をしっかりと練ることが大切です。粘土に空気が混ざっていると空気が膨張して焼いているときにヒビが入ってしまったり、割れてしまいます。なのでしっかりと練ることが重要です。粘土を練り終わればいよいよ制作開始です。上手に作ろうとせず、自分らしいものを作るのが楽しむためのコツになります。

後はおまかせ!作品の到着を待とう

ほとんどの陶芸体験では、作品を乾燥させ焼くのには数週間という時間がかかるため焼きあがってから自分の作品を郵送してくれるところが多いです。自分の作ったものにお目にかかった時の感動はひとしおです。陶芸は親子で楽しめるだけでなく、作る喜びやどんな風に仕上がるかというワクワク感も同時に体験することができます。

ページTOPへ

このページのTOPへ