食品サンプルの作り方

  • 796 |

最近はテレビなどで取り上げられることも増え、食品サンプル体験教室もだんだんメジャーになってきました。楽しそうだな、やってみたいなと思われている方も多いのではないでしょうか。サンプルと一口に言っても、その作り方は作品によって随分違うものです。今日は食品サンプル体験教室の中でも人気の高い作品の作り方をご紹介します。

いつでも大人気海老の天ぷら

あのサクサクの衣は何で作られているのかというと、じつはロウなんです。溶かして液体になっている黄色のロウを、ぬるま湯を入れてある容器の中に長方形になるようにおたまを使って落としていきます。そこに用意されている海老の模型をのせ、クルッとひっくり返し形を整えていきます。余分な衣を取りきれいにしたら、冷たい水の中に入れ冷やし固めて完成です。

付け合わせにどうぞ!レタスの作り方

こちらもロウを使って作っていきます。まずは液状の白いロウをお湯の中に流し入れ、薄く伸ばしていきます。大まかに長方形の形に伸ばしたら、それに沿うように今度は緑色の液状のロウを白よりも多めに流し入れていきます。白い部分を持ち一度お湯の中に沈めてからゆっくり引き上げていくと、ペラペラの状態になります。これを折りたたみ整えれば完成です。

組み合わせでより楽しくなる

こうして出来上がった海老の天ぷらにレタスを添えれば、まるで飲食店に並んでいるようなサンプルになります。作った作品は持ち帰ることができるので、家に飾れば個性的で面白い置物になり見る人の心を楽しくしてくれます。食品サンプル体験は一見難しそうに感じるかもしれませんが、作り方を丁寧に教えてくれる講師の先生がいますので安心して参加することができます。

ページTOPへ

このページのTOPへ