食品サンプル体験をする時の服装で注意するポイント

  • 314 |

食品サンプル体験が出来る場所や施設が増え、ますます人気の体験イベントになってきました。プロが丁寧な指導をしてくれたり、初めてでも簡単に作れるような工夫がなされているため満足度の高い仕上がりが期待出来るという魅力もあります。旅行のツアーメニューなど以外にもわざわざ食品サンプル体験に行くという人が多くいます。

袖がまくれるような服装で

食品サンプル体験に参加するときには服装に気を付けなければならない点があります。それは袖がまくれるような服装でなければならないということです。一般的にはお湯の中で蝋を成形する方法になるので袖がまくれなければ体験自体が難しくなってしまうのです。肘の辺りまでしっかりとまくれるような服装が好ましいでしょう。

蝋が付着する可能性を念頭に

また作業の際に蝋が付着することを念頭に置いておく必要があります。蝋が付着して困るようであれば予めアクセサリーを外して参加したり、ネイルアートなどを行っていない状態で参加する方が良いでしょう。外せない事情などがある場合には蝋が付着することを覚悟して参加する必要があります。アクセサリーなどが変質してしまうことはありません。

万が一のことを考えて汚れても良い服装を選ぶ

食品サンプル体験を行う施設ではエプロンなどを用意しているところもあります。しかし万が一を考えてある程度は汚れても構わない服装で参加する方が良いでしょう。他の参加者などもいるので何かの拍子に色素や蝋が洋服に付着することも考えられるからです。神経質になるほどではありませんが、万が一のことを考えておいた方が安心出来ます。

ページTOPへ

このページのTOPへ