雨でも芋掘りはできる?

  • 2964 |

芋掘りは雨でも行う事ができます。しかしそれは小雨程度の雨に限ります。芋は土の中に埋まっているため、雨が降ると土が重くなり掘りづらくなります。スコップで土を掘り上げますが、スコップに土がべったりとくっ付いてしまい、思うように作業は進まないため、雨天時は小雨以外避けた方が無難です。小雨でも長く降り続く場合は様子を見て判断します。

雨対策と服装について

芋掘りは土を掘り芋を取り出す作業ですが、全ての作業が完了するまで数十分以上はかかります。そのため雨天の場合は、雨具を準備して臨みます。レインコートや長靴を準備していけば、急な荒天にも対応できます。また雨があまりにも強く長く降る場合は、土がドロドロとなりぬかるんできます。そうなる前に早めの退去を促します。

当日の気象情報は要チェック

出発前は天気が良く芋掘り日和でも、現地に着いたら天気が急変する事もあります。そのため当日の気象情報はこまめにチェックする必要があります。天気図では10分刻みで雨雲レーダーを調べる事ができるため、現地はどのような天気図を表しているのか知るだけでも十分な情報となります。それを見て雨対策が必要か判断します。

芋掘りに適した天気とは?

芋掘りに適しているのは晴天です。これは芋と関係があります。芋掘りを行うまで、芋は土の中で生育します。日光から遮断され一定の温度で育てられているので、外気に触れた瞬間から、芋の発育は始まります。これには日光が欠かせない要素となります。それは甘みを作る成分を促すからです。そのためよく晴れた日に芋を掘るのが適しています。

ページTOPへ

このページのTOPへ