川下りにおすすめの季節はいつ?

  • 561 |

川下りは四季折々の自然を楽しめるレジャーです。同じ川でも季節ごとに異なった姿を見せるので、自然を満喫出来ます。春夏秋冬見せる姿が違うので、どの季節にも一度は行ってみてもよいのですが、特におすすめなのは10月中旬~11月下旬の秋の川下りです。特に秋は行楽のシーズンなので人が多くなりがちですが、川下りをするなら一度は秋にしてみる事をおすすめします。

なぜ秋が川下りに最適なのか?

10月中旬~11月下旬は紅葉の季節となり川から見える紅葉が大変綺麗です。また、台風の時期が過ぎ去っている為、天候に左右される事が少なくなるのもおすすめする理由の一つです。紅葉の見頃は地域ごとに異なりますが、おおむね10月中旬~11月中旬が見頃です。地域ごとに紅葉の見頃を事前に調べておくとよいでしょう。

秋の川下りの注意点とは?

秋の川下りには紅葉を楽しめるというメリットがありますが、注意しないといけない事もあります。それは気温です。10月中旬くらいになると気温が下がってきて日によっては肌寒い日もあります。川の様な水の近くは気温以上に体感温度が低く感じられますので、上に着る物を一枚多く持っていっておくと体調を崩さず楽しむ事ができます。

秋の交通事情にも注意を

秋は行楽のシーズンで連休も多い為、どこの観光地も人が多く道路で渋滞が発生しがちです。特に川下りを行うような川沿いの道路は幹線道路から離れたところにある事が多く行楽のシーズンは渋滞が多く発生します。事前に周辺地図で迂回路を調べておいたり、渋滞に備えた準備を行っておく事で、余裕を持った行動ができるのでおすすめです。

ページTOPへ

このページのTOPへ