芋掘りに最適な時期について

  • 1611 |

春から初夏にかけて芋は植えられ、芋掘りは秋頃行われます。その年の天候によって異なりますが、多くの場合10月頃が一番最適なシーズンとなるため、この時期に芋掘りが集中します。秋晴れの下、数カ月間土の中で生育した芋は、大きく成長して出てきます。掘ってみて芋が小さい場合は生育不足です。その時はもう少し土の中で保存します。

掘った後の芋の処理方法

掘り上げた芋は、天日干しにします。長い間土の中で生育しているため、太陽光を当てる事で甘み成分を促します。そうする事で食べた時にコクと甘みが口いっぱいに広がるため、欠かせない作業となります。天日干しは芋表面を乾かす効果もあります。湿った状態で保管するとカビ等が発生するため、よく乾燥させる必要があります。

掘った後の土の処理方法

芋掘りが終わるとポッカリとした穴ができます。その中には芋は入っていないため再び掘る事はありませんが、周囲の芋の成長を促すために土を埋め戻す必要があります。土の中は一定の温度で保たれていますが、環境が少しでも変わると土の温度も下がります。そうなると夜の気温や露に対応できず、芋にも影響が出る場合もあるため、土戻しは大切な作業です。

芋掘りに適した天気について

芋掘りには適した天気があります。掘るのは10月頃が最適ですが、この時期は台風や急な天候変化が起こりやすい時期でもあります。そのため晴天が続いていても、荒天となり突然雷雨となる事も珍しくないです。雨が降り続いている時も避けた方が無難です。湿気を含んでいるため芋の味が落ちます。美味しい時期を狙うなら、晴天が続いた時が一番適しています。

ページTOPへ

このページのTOPへ