竹細工で作れる様々な玩具について

  • 896 |

田舎や自然の残っている場所に行った時、人は何か特別なことをしたいと思うのではないでしょうか。そこで竹細工で色々な玩具を作ってみてはいかがでしょうか?削ったり曲げたり切ったり。竹と言う柔らかくて加工しやすい素材で玩具を作る。子供も大人も楽しめる楽しい作業。そんな竹細工についてまとめてみました。

竹細工で作れる玩具の例

竹細工でつくる玩具。と言われてもパッとあまり思い浮かばない方が多いと思いますが殆どの人が子供のころに遊んだ経験があるのではないでしょうか。竹がつく遊具や玩具。竹馬や竹トンボこれらは竹細工です。まず、昔ながらの竹トンボや竹馬は全て竹で出来ています。何故竹なのでしょうか?考えてみましょう。

なぜ竹を使うのか

何故竹で作るのか?これを少し掘り下げていきます。昔話で出てくるような時代は身近に竹林があり、たけの子は食糧にして成長してしまったものは、火にかけて炭にしたりしていました。他には組み合わせたりして家具にしていました。そんな何から何まで使える美味しい素材の竹が腐るほどあるなら何かに使えないか。そんな疑問から人々は竹を細工して子供のために玩具を作りました。

今でも受け継がれる竹細工

今は竹細工と言えば籠を編んだり前述した竹トンボを作ったりと今でも竹は万能な木材です。京都では今もなお籠を編む職人がいます。大昔から伝わってきた技術は今尚進化し続けています。竹は昔から日本人の生活を支えてきた植物です。他にも電球には竹が使われていました。竹を細工することは昔からの歴史を肌で感じ取るということになります。

ページTOPへ

このページのTOPへ