ポーセラーツで使う道具について

  • 1518 |

ポーセラーツとは大まかに説明すると、白磁器と呼ばれる磁器に自分で絵付けをしていくものです。陶磁器のように土からお皿などを作るわけではなく、あくまで絵付けの作業だけを行えばよいので、必要な道具もそれほど多くはありません。ポーセラーツとはあまり馴染みがない人も多いかもしれませんが、最近では取り扱っているお店も多く、インターネットなどで簡単に購入できます。

必ず必要な白磁器と電気炉

ポーセラーツに欠かせないものの一つである白磁器は陶磁器のひとつです。絵付けをするので白いものが必要です。白磁器自体は最近ではどこでも手に入ります。しかし何度も焼く場合があるので、専用の白磁器が良いです。そして焼き上げの際に使用する「電気炉」も必要な道具です。こちらは窯のようなもので大小様々あり、家庭で使用することができるコンパクトサイズのものもあります。

絵付けをするときに必要な道具

次に白磁器の絵付けに必要な道具です。まず 陶磁器の表面に着色する専用の「上絵の具」という塗料が必要です。そして筆です。筆の種類もたくさんあり、はけのようなものから下絵用、とても細いものなどすべてを揃えようと思ったら10本前後必要になってきます。上絵の具よりも簡単に絵付けができるのが、セラミックペンシルです。これは上絵の具をろうで固めたもので、絵の具に比べると取り扱いやすくなっています。

簡単に絵付けをするために必要なもの

絵に自信がない人でもある道具を使えば気軽にポーセラーツに挑戦することができます。それが「転写紙」です。転写紙を使えば絵を描く必要もなく、簡単にプロ級の作品を作ることができます。転写紙は大きな1枚の紙を切り取り、水につけて白磁器に貼り付けて使用します。絵柄も単色のものやドット、ストライプなどの背景に適したものから、モチーフ、イニシャルなどたくさんの種類があります。

ページTOPへ

このページのTOPへ