料理教室が男性に人気の理由

  • 1163 |

最近、参加者を男性に限定した料理教室の数が増加してきています。単身赴任や熟年離婚などといった理由で、自分で料理を作らなくてはならない状況になってしまう男性が多い一方で、お米の研ぎ方すらわからないという人がとても多いのが実情です。そのため、基礎から丁寧に教えてくれる男性向け料理教室が高い人気を博しています。

なぜ男性だけがいいのか

昔から料理教室はたくさん存在していました。参加者の性別を制限している教室など滅多にありませんでしたから、男性でも申し込めば利用することができました。ただ、参加者の大半は女性であるため、参加する男性は異性に囲まれて料理を習うという形になります。そんな状況は気詰まりなものですし、習いたい内容にも大きな差があります。女性の場合は料理の基礎的な知識は身に付けている人が多いので、お米の研ぎ方から教えてくれるような教室は少ないという点もあります。

男性が料理を習うメリットについて

年配の方々の中には「男は台所に立つべきではない」などという考え方の人もいるので、女性だらけの教室に気軽に入って行くことは難しいと感じる方もいます。でも、自分で料理を作れるようになれば、毎日外食や弁当ばかりという生活から抜け出せると考え、料理教室に通いたいと考える男性も増えてきています。生活習慣病の予防ができたり、料理が趣味になって生活の楽しみが生まれたり、メリットをあげればキリがありません。

男性向け料理教室ではどのようなことが学べるのか

女性向けの料理教室の場合は、中華料理や和食、フランス料理などといったクラスに分かれていて、ワンランク上の料理を学ぶようになっているケースが多いです。でも男性向け料理教室の場合は、まず基本的な知識やコツを身に付けて、普通の家庭料理が作れるようになることを目指すケースが大半です。今まで料理に挑戦したことない男性同士で習うことができるので気負わずに基礎から学べる環境は料理上達への近道と言えるでしょう。

ページTOPへ

このページのTOPへ