テレマークスキーの滑り方

  • 3444 |

テレマークスキーの滑り方はアルペンスキーの滑り方とは全く違ったスタイルです。見た目には勿論、実際の体重のかけ方やコツも違ったものとなってきます。一見すると踵を浮かせて滑る独特のスタイルはとても難しそうに見えますが、一度コツを掴んでしまうと、アルペンスキーにはない自由な滑り方に魅了されてしまう人も多いのです。ここでは、そんなテレマークスキーの滑り方についてまとめてみました。

ポジションが重要です

テレマークスキーでは「テレマークポジション」というのがとても重要になってきます。テレマークポジションは、滑りのリズムの中で前後幅が変動する動的なものですが、予定通りの姿勢を繰り返しとり続ける観点から「維持する」と表現します。テレマークポジションを平地で取れるように繰り返し身体に覚え込ませたら、それを斜面でも維持できるようにまずは緩斜面で練習しましょう。

ターンの切り替えが重要です

まずはシンプルに、斜面に垂直方向に体の軸を傾けてから、足を出す、もしくは外足のかかとに体重をかけてみてください。フォールライン方向に飛び込む感覚です。最初は少し怖いと思うかもしれませんが、徐々に緩斜面から慣らしていってください。慣れてきたら出来るだけ伸びあがらずに、腰の横方向への移動でエッジを切り替えていっていましょう。

自分の滑りやすいスタイルで

基本的な滑り方が出来るようになったら、あとは練習あるのみです。慣れてきたら、自分の自由な滑りやすいスタイルで滑ってみましょう。テレマークの良さは、その自由さです。ポジションを深くとる人もいれば、浅い人もいて、どれが正解ということはありません。自分の自由なスタイルで滑る事が大切です。もちろん上であげた基本は大切にしていきましょう。

ページTOPへ

このページのTOPへ