今話題のポーセラーツとは

  • 1378 |

最近、ポーセラーツという言葉を聞く機会が増えてきました。ポーセラーツとは、真っ白い食器に絵の具で着色したり、特殊なシールを貼ることでオリジナルのテープルウエアを楽しめるハンドクラフトのひとつです。白い磁器に好きなデザインの柄やデザインを作ることができるので、世界にひとつだけのオリジナル食器が完成します。

ポーセラーツの名前の由来

ポーセラーツとは、ハンドクラフトを扱う教材通販の会社が平成10年に新しいジャンルのハンドクラフトとして発表したのが始まりです。名前の由来は、磁器という意味のポーセリンと芸術という意味のアートを組み合わせて作られたそうです。絵を描くのが上手くない人でも、転写紙を使用することで自分の好みに合わせた食器が完成するので、ひそかな人気になってきています。

さまざまなテクニック

転写紙を切って貼るだけ、というと単純な作業のように聞こえますが、ポーセラーツとは様々なテクニックのある、高度なハンドクラフトなのです。慣れない間は数ある転写紙のデザインの中から好みのものを選び、はさみでカットする事からはじめ、感覚に慣れてくると単色の転写紙をカッターナイフなどで好きな形や文字にしてカットして使用したりします。

誰でも楽しめるポーセラーツ

また転写紙を手でちぎり、ちぎり絵のような作品にしたり、絵の具を使用して磁器に直接絵を描いたり、絵の具でステンシルをしたり、ペーストを使って立体的な絵付けにしたり、アウトラインだけを筆で入れたりなど、さまざまなテクニックがあります。ポーセラーツは、小さなお子様からお年寄りまでだれでも楽しむことができるハンドクラフトなんです。

ページTOPへ

このページのTOPへ