テレマークスキーの魅力とは

  • 729 |

テレマークスキーとはスキー板のかかとのビンディングが固定されていないスキーの事です。かかとが固定されていないので、ターンをする時にスキー板の内側の足のかかとが浮いた状態になります。普通のアルペンスキーとは全く違った滑り方になります。一見するととても難しい滑り方のように見えますが、一度慣れてしまえばとても楽しいものです。ここでは、そんなテレマークスキーの魅力についてまとめました。

自由に滑ることが出来る

かかとが固定されていないので、その分スキーの自由度は上がります。こうやって滑らなければならない、というルールがないのです。アルペンスキーではかかとが固定されてしまっているので、動きも単調になってしまいがちですが、テレマークスキーでは自由に大胆な動きで滑る事が出来ます。自分が思うように自由に滑る事が出来るのは大きな魅力の一つです。

自由に歩くことが出来る

踵を自由に上げる事が出来るので、勿論自由に歩き回れる事が出来ます。ゲレンデだけでなく、新雪の積もった雪原や森の中や雪山をスノーハイキングで楽しむ事が出来るのです。これはテレマークスキーのもう一つの楽しみです。スキーを滑る道具としてだけでなく、自由に歩き回れる道具として活用できるのです。普段見れない雪山の景色を見る事が出来るのは大きな魅力です。

人とは違うことが出来る

ゲレンデで滑っている人の多くはアルペンスキーもしくはスノーボードを使用しています。そんな中、踵を上げて滑る独特のスタイルはとても目立ちます。その独特のスタイルはとても格好が良いものです。人と同じ事をするのは嫌だ、ちょっと違う事をしたいと思っている人にもまだ少数派のテレマークスキーは打ってつけのスポーツです。

ページTOPへ

このページのTOPへ