竹細工で作るバランストンボはどんなもの?

  • 2321 |

竹細工は竹を使用して物を作ったり加工したりする技術であり、日本に古くからある伝統技術の一つでもあります。その中の一つにバランストトンボというものがあり、まるで本物のトンボがいるかのような出来が特徴となっています。そこでこの竹細工で作るバランストンボについて、どのような物であるかを少し解説や紹介を行っていきます。

竹細工は子供や高齢者に人気があります

竹細工は竹を使用して物を作る技術となっているため、小学生以下の子供や高齢者を中心に人気があります。その中でもバランストンボは比較的簡単に作れるものであるため、初心者にオススメです。子供が作る場合は幼稚園や小学校での体験教室などが多く、高齢者の場合は趣味の一環や職人が伝統工芸品として作成することが多い作品です。

シンプルでありながら奥が深い作品です

竹細工で作るバランストンボは使用する材料は少ないながらも非常に奥が深い作品となっています。作り方は簡単ですが、初心者のうちは中々上手く飛ばすことが難しい作品でもあります。作る時に使用する道具については、竹の他に羽を取り付けるために穴をあけるためのきり等を使用します。なお穴をあける道具はきりでなくてもドリルなどを使用しても大丈夫です。

材料さえあれば誰でも作れるのがポイントです

竹細工は使用するのは竹となり、作品を作る時に使用する道具も基本的にどこの家庭にもあるものばかりです。そのため材料さえ揃っていれば誰でもバランストンボを作ることが可能です。構造もシンプルとなっているため作成時間についてもそんなにかからないので、家事の合間や仕事が休みの日の趣味としても気軽に楽しめます。

ページTOPへ

このページのTOPへ