木工作品を作る時に書く図面とは?

  • 1173 |

木工教室を利用する利点とは木を使った作品作りに関する全般的な物を学べる事にありますが、その一つに図面を引くというのも上げられます。木の作品の仕上がりを左右するのはこの作業が行えるかどうかが鍵であり、逆に言えば図面を正しく書けるかどうかで完成度が決まるとも言えるのです。寸法の違いやズレは間違いなく作品に破綻をもたらす原因ともなります。

図面を引く事で必要な物が見える

この木工教室で作品の為の設計図を書くというのは、他にも必要な材料や工具を把握するという点でも重要な事だと言えます。どんな道具が必要なのか、材料はどれだけ必要かを知る事が出来れば、準備がスムーズに進みます。また、無駄を省いて効率良く作業を終える事も出来るのです。効率的な材料の準備や作業で、安く賢く実用品を手にする事も出来る様になります。

正しい図面は工程を導く

木を使った作業で綺麗に仕上げる事を考えるならば失敗は避けねば成らないのですが、その為には作業前に入念に工程なども含めてよく考える必要があります。作業の手順で前後してしまったり必要なサイズとして合わなかったりすると、場合によってはモチベーションを下げ兼ねないと言えます。それを防ぐ意味でも図面というのは重要であり、作業工程を組み立てるにも役立つのです。

木工教室で学ぶと言う事

木工教室では一通りの事を教えてもくれますが、必ずしもその後の作業に関して干渉して来る物ではないと言えます。自由な作品を作る上では個人の努力が試され、それが楽しい物であります。ですが、教室で習ったことを忘れ、基本を外れてしまうとせっかく教室を利用した意味が無くなると言えます。木工教室で学んだ事は基本なので、しっかりと忘れずに制作活動に活かすようにしましょう。

ページTOPへ

このページのTOPへ