森林セラピーのガイドはどんなことを案内してくれるの?

  • 258 |

森林浴を楽しむために森林セラピー基地が主催しているイベントに参加すると、必ずガイドが色々と案内を行ってくれます。この仕事に就くために、団体が主催している試験に合格をして、その後基地に登録をして初めてなることが出来る職業となっています。そこで実際に行った時に、どんな内容の話をするのかを紹介していきます。

森林浴効果が高くなる散策や運動について教えてくれます

一般的にガイドというと観光名所の道案内などが代表的な業務となっていますが、森林セラピーの場合は森林浴効果についての内容が中心となります。基地内の道案内業務ももちろんありますが、実際に森林浴を行うに至っての知識や雑学を紹介してことが多くなります。そのため森林浴についての専門的な知識と、それを初心者にいかにわかりやすく伝えてもらえることがポイントとなります。

利用者がトラブルを起こさないようにするのも仕事の一つです

森林セラピーのガイドの業務内容は森林浴についての内容や道案内だけではなく、利用者の安全を確保することも重要な仕事の一つとなっています。森林セラピーの場合は1日を集団で過ごすことが多いため、ガイドがリーダー的存在になることも珍しく無いです。なので森林浴や道案内業務の他に、安全確保という重要な仕事も並行して行っています。

トラブル回避しつつ森林浴効果のサポート案内を行っています

実際に予約を取って森林セラピーを楽しむ際のガイドの案内業務として、メインは森林浴効果の高くなる方法についてが多くなります。ですがその点を抑えつつも、利用客のトラブル回避も案内業務と合わせて行う能力も必要となります。また森林浴の内容以外にも利用客と世間話をすることも必要になるため、一定のコミュニケーション能力も必要となります。

ページTOPへ

このページのTOPへ