食品サンプルを作る材料とは?

  • 899 |

食品サンプルというとテレビなどのメディアで多く取り上げられたレタスを作る様子を思い浮かべる人がとても多いようです。実際に食品サンプル体験で作ってみたいものにレタスと挙げる人は大変多くいます。食品サンプル体験のイメージを決定づけたものといっても過言ではないでしょう。もちろん体験で作成できるものは他にも数多く存在します。

昔ながらの蝋から作る手法

食品サンプル体験のイメージを普及させたレタスの作成方法には昔ながらの蝋から作る方法が使われています。お湯の中で蝋を成形させる方法です。予め蝋に絵の具などで色を付けておくことで様々なイメージを作り出してゆきます。蝋を材料とする手法はやり直しがきかない為、ある程度の技術を身につけないとプロのような仕上がりにすることはできません。

合成樹脂から作る方法

最近では型に材料を流し込んで成形する方法が主流になっています。以前は蝋もその材料として使われていましたが、最近は合成樹脂を使用する方が一般的です。蝋を材料としたものは熱に弱く変色しやすいというデメリットがあるからです。また運搬や設置までの間に形が崩れてしまう恐れもありました。そのような点から合成樹脂が主流となりました。

目的に合った手法を使う

しかし先にも紹介したように食品サンプル体験では蝋を成形する方法を行う方が人気になっています。そのために改めてその手法を覚えたという職人さんもいるほどです。体験では蝋、製品としては合成樹脂という風に目的に合わせて材料を選ぶような傾向になっています。それぞれの特徴やメリットを活かした方法が選ばれているのです。

ページTOPへ

このページのTOPへ