レンタサイクルでの保険について

  • 624 |

行楽シーズンとなったこの秋、車を使わずにレンタサイクルでぶらり旅をしてみるのもまたいいものではないでしょうか。自転車ひとつで紅葉を見に行ったり、近くの道の駅まで遠出してみたり、車とはまた違った体験ができることでしょう。そんな楽しみの前の準備に、レンタサイクリング専用の保険があることについて知っていますか。

レンタサイクル保険の細かい部分について

レンタサイクリング店では、利用者の安心のためのサポート・保障のための保険が設定されているところがあります。利用者が利用の際に支払う形ではなく、利用する際の料金に保険料があらかじめ含まれているという形になっています。これで万が一サイクリング中に事故に遭い、何かしらの損害を与えてしまったとしても、いくらかの保証を受けることが可能です。

レンタサイクルの保険について留意しておく必要があること

当たり前のことですが、保険の範囲を超えたりすると保険が適用されないこともあります。例えば、タイヤの異常に気づいていたのに、故意に自転車の運転を続け自転車のチューブを破損させてしまったなどの場合です。レンタサイクルは自分だけが利用するものではないので、少しでも違和感を感じたらレンタサイクル店にすぐに連絡をし、対応してもらうことが大事になります。

レンタサイクルを楽しむために

ここまでの説明はもちろん店舗によって異なりますが、どこでも利用される方に万が一のことがあった時のためを思って設定されています。今年の秋は、車ではなくレンタサイクルを利用して、近場の名所をたくさん見物がするプチ旅行をご家族や友人の方と計画してみるのはいかがでしょうか。

ページTOPへ

このページのTOPへ