木工教室に参加する時はどんな服装?

  • 539 |

木工教室等で作業とするとなると服装は最低限作業がし易いのは条件としても、あまり神経質になる必要も無いと言えます。ただし汚れても良い服装でなければならず、また安全面を考えるのなら長いズボンや滑り難い靴と言った機能の方を重視する事も大事です。場合によっては自分でエプロンを調達しておくのも良いでしょう。

木工教室でお洒落は必要か

木工教室には様々な人が来るのである意味で気を使う所ではありますが、木を使った作業においては優先されるのは作業性であると言えます。そうなるとお洒落な服装というのはあまり意味をなさない物であり、場合によって作業への集中性を阻害する事にも成り兼ねないと言えるのです。ただ他の参加者もいらっしゃいますので一般常識的な服装であれば特に問題ありません。

念の為に服装の着替えを準備する

木工教室での服装は基本的に汚れても良い物が好ましいではありますが、それで教室まで移動するのは憚られるという方もいるでしょう。そのような方は、作業に参加する前にそう言った服に着替える様にすることをオススメします。そうする事によって多少の汚れも気にする必要が無くなるのです。また作業をすると当然汗をかきますので、特に暑い時期などは替えの作業着やタオルを用意しておくと良いです。

服装による作業性の効率化を考える

木工教室に通う事で技術や木に関する知識を学べるのは当たり前ではありますが、同時に作業の効率化も考えて作業をすると良いと言えます。手早くやると言うのはその後にも活かせる事になりますので、ある意味で継続して続けるコツにもなるからです。木工では道具を多用することもあるので、上級者は収納性に優れた服装を作業着として好むこともあるようです。

ページTOPへ

このページのTOPへ