川下りの時の服装注意点

  • 2203 |

川下りには幾つか種類があってそれによっても選ぶべき服装があるのですが、更には季節によっても違いが出て来るので注意が必要です。基本的には濡れても良い服装が理想的であり夏は短パンや水着と言った物が推奨されていて、春や秋ではそれに濡れても良い羽織る物を足すと良いと言えます。ただ冬場においては専用のウェアが必要となるので特に準備を要します。

軽装と本格的な装備で準備の仕方を変える

軽装で良い様な夏の様な服装ですと川下りを主催している会社等が貸すライフジャケットを借りる程度で済みますが、冬などではウェアスーツ等も貸し出しているので利用すると手軽だと言えます。この様にして準備の仕方は川下りを案内している会社を頼る方法もありますが、会社によっても対応が違ってくるので事前に調べてから行く様にするのが理想的です。

着替えも持って行くのは忘れずに

水に濡れても良い服装に着替えてから行くのは大前提ではありますが、濡れたままですと風邪を引くこともあるので着替えも準備していくと良いと言えます。勿論ですが更衣室等が何処にあるかは前もって聞いておいたり調べておくと良く、またそう言った案内を事前にされる事もあるので、注意事項を含めて話は良く聞いておいた方が良いと言えます。

楽しい川下りの思い出を作る為に

川下りには多少は激しい揺れが加わる物であり、それも又醍醐味の一つであって良い思い出ともなります。しかしそう言った事を思い存分に楽しむ為には準備が必要であり、特に身に付ける小物や下着といった事にも注意を払って置くべきです。濡れて良い物や外れない様にする事は勿論ですが、濡れたら困るものは防水を配慮して体験をお楽しみください。

ページTOPへ

このページのTOPへ