スカッシュのルールについて

  • 1122 |

スカッシュというのは、ラケットを用いて小さなゴムボールを打ち合うインドアスポーツのことを言います。まずはサービスボックスと呼ばれるエリアから正面の壁の中央と上のラインとの間の壁にボールを打ち込んでいくゲームです。ルールの一つとして、サービスボックスのラインは踏まないように注意する必要があります。左側の場合は右側へ、右側から打った場合は左側の相手コートに打ち込みます。

使用されるラケットやコートについて

スカッシュは、2人のプレーヤーがゴムボールを交互に打ち合っていくスポーツです。使用されるラケットはテニスで使用されているものに似ていますが、比較的軽く中高年の方でも扱いやすいというのが特徴です。コートは四方を壁に囲まれています。前方の壁に向かって打つというルールですが、その他の壁を利用することもできます。

得点の取り方について

スカッシュでは、どのような状態になると自分の得点になるのでしょうか。ボールを相互に打ち合っていく際に、ボールが2回床にバウンドする前に相手が前方の壁に打ち返すことができなかった場合は自分の得点となります。また、打ち返したボールが壁に届かなかった場合にも自分の得点になるとされています。この時バウンドするのは床にあたった場合ですので、サイドの壁などはカウントしません。

その他ポイント獲得となるケース

ボールを打ち返す際に相手を妨害してはならないというルールがあります。そのため、相手が邪魔になったことで打ち返すことができなかった場合は、レフリーの判断によってやり直しになったり得点を与えるというケースがあります。プレーを一旦止めてレフリーに対して妨害されたことをアピールする選手も多いです。お互いに譲り合ってフェアな試合をするように心がけるとよいでしょう。

ページTOPへ

このページのTOPへ