日光観光は東照宮だけじゃない!日光観光のおすすめスポット29選

  • 8515 |

関東有数の観光地・日光のおすすめ観光スポットを紹介します。日光は関東地方の北部、栃木県にあります。江戸時代に徳川家康と徳川家光の廟地になって以来、日光東照宮の門前町として参拝客で賑わいました。歴史ある建造物が数多くあり、二荒山神社や日光山輪王寺などは「日光の社寺」として世界遺産になっています。また豊かな自然にも恵まれ、華厳の滝や中禅寺湖、男体山など人気スポットが目白押しです。そんな日光のおすすめ観光スポットをまとめました。ぜひ日光観光の際の参考にしてみてください。

 

日光周辺のおすすめ記事はコチラ

日光といえばココ!お寺や神社など歴史ある建築物9選

日光観光で外せないスポットといえば日光東照宮。二荒山神社や日光山輪王寺とともに「日光の社寺」として世界遺産に選ばれています。そのほかにも日光には歴史ある建築物が多く存在します。日光の歴史と伝統を感じながら、パワースポット巡りをしてみてはいかがでしょうか。

日光東照宮

栃木県にある世界遺産に登録された日光を代表する神社、日光東照宮。徳川家康を祀るために建てられました。現在の社殿群のほとんどは3代将軍家光によって行われた「寛永の大造替」で建て替えられたものです。世界文化遺産に登録されている社殿群には、五重塔、表門、三神庫、神厩舎三猿、陽明門、唐門など、江戸時代の建築美を代表する文化財が残されています。

二荒山神社

男体山のふもとにある二荒山神社は、勝道上人が開いた日光山信仰の始まりとなった神社です。男体山をご神体とする二荒山神社には、招福や縁結びのご利益をもたらす大己貴命がまつられており、2本の杉が寄り添う「夫婦杉」などパワースポットがたくさんあります。1999年には「日光の社寺」の一部としてユネスコの世界遺産に登録されました。

湯殿山神社

湯殿山神社は栃木県日光市にあります。湯西川で温泉が発見された天正年間に、出羽三山の羽黒山から土を移して建てられました。湯西川を守る総鎮社です。8月中旬に毎年開催される例祭の湯殿山大祭礼では、天狗の面をつけた猿田彦を先頭とした大行列が慈光寺から湯殿山神社へ向かいます。多くの見物客が訪れる伝統のお祭りです。

平家の里

平家の里は、平家落人の伝説が残る湯西川温泉のそばにあります。平家落人の生活様式を後世に残すため、村内のかやぶき屋根の民家を移築し再現しました。民家の中は資料館になっていて、当時の道具などが展示されています。6月に行われる平家大祭では、鎧兜の武者や雅びやかな姫が湯殿山神社から平家の里までの約2kmの道のりを練り歩きます。

陽明門

陽明門は日光東照宮内にある、日本を代表する最も美しい門です。宮中正門の名をいただいたと伝えられています。いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」と呼ばれ、故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされています。2013年から大規模な修理・修復が行われており、2016年3月には新たな陽明門を見ることができます。

滝尾神社

滝尾神社は二荒山神社の別宮です。二荒山神社の主祭神である大己貴命の妃神、田心姫命がまつられています。本殿裏には「滝尾三本杉」と呼ばれる巨木が立ち、石鳥居や石灯籠を建てて石柵を巡らした一画があります。この一画に田心姫命が降臨したと伝えられています。近年パワースポットとして注目を集める人気スポットです。

神橋

神橋は二荒山(男体山)をご神体としてまつる二荒山神社の建造物で、日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋です。橋を渡るのに300円がかかるほど、人気で歴史のあるスポットです。 現在のような朱塗りの橋になったのは1636年の東照宮の大造替のときで、日本三大奇橋の1つに数えられています。

足尾銅山

足尾銅山は1973年に採鉱を終了し、観光施設として生まれ変わりました。廃坑となった一部を解放しており、坑内には採掘が行われていた当時の労働作業を再現した人形が設置されています。全長700mのトロッコ電車に乗って坑内の様子を見ることができます。また施設内には資料館が併設されており、選鉱や精錬の過程がわかりやすく展示されています。

日光山輪王寺

日光山輪王寺は、栃木県日光市にある寺院で、日光の寺社のひとつとして世界遺産に登録されています。1200年以上前の奈良時代に日光開山の祖である、勝道上人が四本龍寺を建てたのがはじまりです。比叡山や東叡山ととも天台宗三本山の一つに数えられています。

一日中楽しめる!おすすめ面白テーマパーク5選

お出かけの定番といえばテーマパーク。家族連れでも友達とでも、誰といっても楽しめますよね。日光には江戸時代の街並みを再現した日光江戸村や不思議体験ができるとりっくあーとぴあ日光、ミニチュア建築物で世界一周の旅ができる東武ワールドスクウェアなど、個性あふれるテーマパークが満載。どれも一風変わった面白い体験できますよ。

日光江戸村

日光江戸村は江戸時代の街並みを再現したテーマパークで、園内は街道、宿場町、商家街、武家屋敷、忍者の里の五つのエリアに分かれています。一歩足を踏み入れるとまるで江戸時代にタイムスリップした気分が味わえます。園内では江戸人変身や職人体験、忍者体験、弓道体験など実際に楽しめる体験も盛りだくさん。江戸の町人文化にふれることができます。

東武ワールドスクウェア

東武ワールドスクエアは世界の建造物や世界遺産を25分の1のスケールで再現したテーマパークです。エッフェル塔や自由の女神など有名な建築物が、建物の細部まで詳しく再現されています。おすすめは45の世界遺産を含む、世界の有名建築物102点を1日で巡る、世界一周の旅。世界を旅行した気持ちになれるおすすめのスポットです。

とりっくあーとぴあ日光

とりっくあーとぴあ日光は、「観て」「触れて」「写真を撮って」遊ぶ不思議体験ミュージアムです。屋内型テーマパークなので、雨の日でも暑い日でも気にすることなく遊べます。人間の錯覚を利用して、絵が立体的に見えたり、見る角度によって見え方が変わったりと、面白い仕掛けがたくさん用意されています。

光徳牧場

光徳牧場は、約3万平方メートルの広大な牧場で乳牛を放牧しています。絞りたての牛乳や名物のアイスクリーム、ハンバーグやステーキなどのグルメを楽しむことが出来ます。近くには美しい名所「光徳沼」や日帰り入浴が可能な「光徳温泉」があり、のんびりと散策することができるスポットです。

大笹牧場

大笹牧場は、日光国立公園内の標高約1200mに位置し、関東平野を一望できる牧場です。牧場内には、大自然の中で動物と一緒に遊べるふれあい施設や、家族で楽しめるアスレチックが設けられています。ほかにも、酪農体験やワッフル作り体験、乗馬、キャンプが楽しめます。また、施設内のレストランではソフトクリームなどの乳製品やジンギスカンを味わうこともできます。

四季折々の自然を満喫できる登山&ハイキングスポット6選

山や滝、湖、高原など豊かな自然に囲まれた日光。そんな日光の魅力あふれる自然を感じながら、登山やハイキングに挑戦してみてはいかがでしょうか。男体山や湯ノ湖、龍王峡では登山コースやハイキングコースが整備されており、初心者でも気軽に安心して始めることができますよ。

男体山

男体山は中禅寺湖の北にそびえる標高2486メートルの山で、別名「二荒山」と呼ばれています。山頂には日光二荒山神社のほこらがあり、山全体が信仰の対象になっています。男体山のふもとに点在する湖や滝は、この山の噴火活動によってできたものです。北側から東側は傾斜が緩やかで、初心者でも登りやすい登山コースとして人気があります。

湯ノ湖

湯の湖は三ツ岳の噴火で湯川がせき止められてできた湖です。周囲は約3km、三方を山で囲まれています。湖岸には散策路が整備されており、1時間ほどで一周できます。湖の周囲にはノリウツギ、ウダイカンバなどの広葉樹とコメツガ、ウラジロモミなどの針葉樹の原生林があり、変化に富んだ手つかずの自然を楽しむことができます。

日光国立公園

日光国立公園は、日光市を中心として、栃木県や群馬県、福島県の3県にまたがる国立公園です。栃木県の日光エリアには、白根山をはじめ古くから信仰の山として名高い男体山、火山活動が活発な那須岳などの山岳地と東照宮や輪王寺、日光二荒山などの歴史的な建築物が含まれます。

霧降高原

霧降高原は標高約1200メートルに位置し、ニッコウキスゲをはじめとする高山植物の群生地です。整備されたハイキングコースからは、春にはツツジ、夏にはニッコウキスゲ、秋には紅葉を鑑賞できます。また豊かな自然に恵まれ、ハイキングやスキー、キャンプ、ゴルフなどが楽しめます。

龍王峡

龍王峡ができたのは今から2200万年もの昔。海底火山の活動によって噴出した火山岩が、鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったといわれています。その名の通り、まるで龍がのたうつような姿を思わせる圧巻の景色は、川治温泉と鬼怒川温泉の間およそ3kmに及びます。ハイキングコースが整備されており、文学碑や植物、野鳥、動物などに囲まれた自然の中を歩いてみてはいかがでしょうか。

戦場ヶ原

 

戦場ヶ原はかつて湖だった場所が湿地化してできたもので、男体山のふともに広がっています。湿地帯には散策路が整備されハイキングコースになっており、多くの観光客や修学旅行客が訪れる人気スポットです。300種以上の植物が自生し、季節ごとにさまざまな景観を観察することができます。

感動すること間違いなし!日光の美しい絶景スポット9選

観光に訪れたら観たい、その土地ならではの絶景。自然あふれる日光には感動すること間違いなしの絶景スポットがたくさんあります。ギネスブックに載っている日光杉並木や日本三大瀑布の選ばれる華厳の滝など有名な絶景スポットを中心に選びました。どれも一度は訪れてほしいおすすめスポットです。

華厳の滝

栃木県日光には48もの滝がありますが、中でも華厳の滝が有名です。奥日光に位置する華厳の滝は男体山のふともにある中禅寺湖を水源としています。高さ97m、幅7mの大瀑布で日本三大瀑布に数えられます。滝つぼの近くには観瀑台が設置され、エレベーターで行くことができます。周囲の自然と滝の壮大な眺めが堪能できます。

中禅寺湖

中禅寺湖は、約2万年前に男体山の噴火で流れ出た溶岩が川をせき止めたことでできた湖です。湖畔には緑豊かな自然が広がり、野生の動植物を観賞することができます。秋には、湖上から紅葉を眺める遊覧船が運航されます。日本百景に選定されており、四季折々の美しい風景を味わうことができます。

いろは坂

日光市の市街地と奥日光を結ぶいろは坂には、下り専用の第1いろは坂と上り専用の第2いろは坂があり、二つの坂にある急なカーブを合わせると48になります。上下あわせて48箇所ある急カーブを、いろは48文字にちなんで「いろは坂」と名付けられました。第2いろは坂には展望台が設けられていて、風景を眺めながら休憩を取ることができます。秋になると紅葉スポットとして多くの人が訪れます。

鬼怒川ライン下り

大自然の中にあり、すばらしい風景で名高い鬼怒川ですが、その鬼怒川の素晴らしさを満喫することができるのが、鬼怒川ライン下りです。船頭さんの巧みな櫂(かい)さばきで、奇岩・怪石が織りなす造形の妙を味わいながら、スリルたっぷりに川下りができます。鬼怒川名物の人気体験です。

間欠泉

間欠泉とは一定周期で水蒸気や熱湯を吹きあげる温泉のことを指します。アメリカにあるイエローストーンが世界的に有名ですが、川俣川俣温泉街の中心にも、勢いよく熱湯が噴き上がる間欠泉があります。約4、50分おきに1、2分間、大きく鳴り響く音とともに白い蒸気を上げて120度の高温泉を噴出します。湯柱の高さは2、30mに達します。間欠泉は、噴泉橋や間欠泉展望台から見ることができます。

湯滝

湯滝は、湯ノ湖の南端にある高さ70メートル、長さ110メートルの滝で、湯川をせき止めてつくった三岳溶岩流の岩壁を湯ノ湖の湖水が流れ落ちます。滝壺に下りることができ、その近くに観爆台があって迫力ある姿を眺められます。戦場ヶ原から北上するハイキングコースの途中にあり、バス停、湯滝入口から近いため、気軽に観にいける人気スポットです。

明智平ロープウェイ

明智平ロープウエイは明智平から約3分で展望台まで上れます。明智平は明智光秀がその名前をつけたと言われており、日光でもっとも眺めのよい場所として知られています。展望台から先には遊歩道が設けられていて、中禅寺湖まで行くことができます。展望台から約20分の地点に鉄塔があり、人気の展望ポイントになっています。

鬼怒楯岩大吊橋

鬼怒楯岩大吊橋は、鬼怒川温泉街の南部と名勝楯岩を結ぶ全長140mの歩道専用吊橋です。高さ約40mの橋上からは、鬼怒川の急流や緑豊かな山々を眺めることができます。楯岩の頂上には展望台が整備されており、眼下には鬼怒川の清流と温泉街、遠くに鶏頂山をはじめとする美しい山並みという大パノラマが満喫できます。

日光杉並木

日光杉並木は、日光街道、例幣使街道、会津西街道の3つの街道に跨り、37kmに渡って続く杉並木です。玉縄藩初代藩主である松平正綱が紀州熊野から20万本余りの杉苗を取り寄せ、寄進して作らせました。現在その内の1万4000本が残っています。平成3年には「世界一長い並木道」としてギネスブックに認定されました。

 

日光周辺をもっと詳しく知る

ページTOPへ

このページのTOPへ