四国観光 おすすめスポット88選!道後温泉や四万十川など名所完全ガイド

  • 37932 |

四国を観光する際におすすめなスポットを厳選してご紹介致します。豊かな自然と海に囲まれた四国には、高知の四万十川や愛媛の道後温泉のような全国的に有名な観光スポットを始め、香川の瀬戸大橋や小豆島や直島、豊島といった離島、徳島の大鳴門橋など、見応えのある観光スポットが満載です。ここでは、四国観光の際に是非訪れていただきたいおすすめの観光スポットを、名所から穴場まで厳選してまとめています。ぜひ、四国観光の参考にしてみてください。

道後温泉以外にも素敵な宿が沢山!四国のおすすめ温泉8選

四国の温泉といえば、ジブリアニメ「千と千尋の神隠し」の登場する「油屋」のモデルとなったことでも有名な道後温泉が挙げられます。しかし、実は四国の温泉は道後温泉以外にも、屋上露天風呂からの絶景が楽しめる茶玻瑠や、客室からパノラマビューが楽しめる喜代美山荘 花樹海など、素敵な宿がたくさんあります。ここでは、道後温泉をはじめとした、四国のおすすめ温泉宿を厳選してご紹介いたします。

道後温泉本館【愛媛県】

http://blogs.yahoo.co.jp/

約3,000年の歴史をもつと伝わる日本最古の温泉の一つ、道後温泉。「日本書紀」にも道後温泉の名前が登場するということからもその歴史の深さが伺えます。
また、夏目漱石縁の地とされ、小説『坊っちゃん』の舞台にもなっています。そのため、「坊っちゃん湯」の愛称で親しまれています。
そんな道後温泉のシンボルとして、温泉街の中心にあるのが「道後温泉本館」。国の重要文化財としても有名で、2009年にはミシュラン2つ星にも選定されました。
道後温泉の湯は肌をなめらかにする美肌効果があり女性に評判です。周辺には高級旅館からエコノミーな宿まで30軒以上の宿が点在しています。


大和屋本店【愛媛県】

http://www.yamatoyahonten.com/

愛媛県にある大和屋本店は、道後温泉本館に隣接した純和風数寄屋造りの新しい日本のホテルです。瀬戸内産の旬の食材を使用した日本料理や中国料理、西洋料理が楽しめます。また、松山の伝統芸能を大切にしていて、館内には能舞台「千寿殿」が設けられています。毎日17時30分から能楽体験、18時30分からは薪能を楽しむことができます。


道後温泉 茶玻瑠【愛媛県】

http://www.chaharu.com/

茶玻瑠は道後温泉本館のすぐそばに位置する温泉旅館です。チェックイン後は浴衣に着替えて湯の街・道後を散策することができ、銘菓を味わったり足湯めぐりをしたりして楽しめます。夜は瀬戸内の食材を贅沢に使った料理に舌鼓を打ったり、道後温泉初の屋上露天風呂や展望ラウンジから道後温泉の夜景を堪能できます。


黒潮本陣【高知県】

太平洋の黒潮を沸かした汐湯の露天風呂は、眼前に太平洋の海原が拡がる黒潮本陣の名物となっています。また黒潮本陣・本館内の2つの大浴場、白御影石風呂と錆石風呂は共に冷泉を沸かしています。太平洋の海原や土佐十景の一つに数えられる「双名島」など絶景を眺めながら入浴することができます。


琴平花壇【香川県】

http://www.kotohira-kadan.jp/

琴平花壇は緑豊かな純和風庭園の中にたたずむ数寄屋造りの離れと、近代建築とが見事に調和した旅館です。森鴎外、北原白秋、与謝野晶子など、名だたる文人が琴平花壇の宿帳に名を連ねています。敷地内には、山の傾斜地を利用した回遊式和風庭園があります。また、展望大浴場からは讃岐富士が遠望できます。


四万十の宿【高知県】

http://www.shimantonoyado.co.jp/

四万十川のほとりに位置する温泉宿「四万十の宿」。「自然と一緒に呼吸すること」をコンセプトに設計された同宿は、日本初のリゾートタイプのエコロジーホテルとなっています。四万十を訪れる人々が健康をテーマに交流、情報交換ができる施設を目指してオープンされました。自然素材が活かされた館内では、日帰り入浴や宿泊、食事などが楽しめます。


喜代美山荘 花樹海【香川県】

http://www.hanajyukai.jp/

喜代美山荘 花樹海は、香川県高松市の峰山緑地公園の東側面に位置する温泉旅館です。四季折々の樹木や草花を楽しむことができ、「花の宿」とも呼ばれています。周辺には、天下の名園として広く知られる栗林公園や源平の古戦場屋島、こんぴらさんなどがあります。平成27年には旅館100選にも選ばれました。

離島で遊ぼう!四国のおすすめ離島観光スポット11選

四国は美しい自然と海に囲まれた土地であることから、多くの離島が集まっています。小豆島をはじめ、直島や男木島、女木島(鬼ヶ島)など、それぞれ特徴を持った島が多く、どこを観光しても違った楽しみ方ができるのがポイントです。ここでは、見どころ満載の四国の離島とそのおすすめスポットを厳選してご紹介します。

小豆島【香川県】

http://shodoshima.or.jp/

小豆島は瀬戸内海国立公園の中心地で、本島のほか、20余りの島で成り立っています。映画「二十四の瞳」の舞台にもなっています。エンジェルロードなど風光明媚な景色を楽しむことができる観光ポイントが数多くあり、そうめん、オリーブオイル、ごま油、醤油などの生産地としても有名です。


小豆島ふるさと村【香川県】

http://shodoshima.or.jp/

小豆島の自然や文化にふれ、いろいろな体験ができる滞在型のレジャー施設です。手延そうめん館では、そうめん作りの見学や箸分け作業の体験ができます。そのほか、手打ちうどん、カヤック、ヨット、釣り、地引き網など、多くの体験教室にチャレンジすることができ、オートキャンプ場も完備しています。


井上誠耕園【香川県】

www.facebook.com

井上誠耕園は小豆島にある農園です。「自然と大地の恵みに感謝を込めて誠意を持って大地を耕す園でありたい。」という願いを込めて名づけられた園地では、約2,500本のオリーブと14種類の柑橘が大切に育てられています。初代園主・井上太子治が小豆島に植えた一本のみかんの木から始まり、昭和21年に小さなオリーブの木を植えたのが井上誠耕園のオリーブ園のはじまりです。


エンジェルロード【香川県】

http://shodoshima.or.jp/

エンジェルロードは、「恋人の聖地」として有名な観光スポットです。1日2回、引き潮の時だけ、島と島をつなぐ砂浜が現れ、歩いて渡ることができます。エンジェルロードを手をつないで渡った恋人たちは幸せになれるという噂が広まり、願い事を書いた絵馬や貝殻が中余島の木々に飾られるようになりました。すぐ横には「約束の丘展望台」があり、エンジェルロードを一望しながら幸せの鐘を鳴らすことができます。


直島【香川県】

http://www.leafkyoto.net/

直島は、現代美術の島として知られています。ベネッセアートサイト直島は、建築家安藤忠雄氏の設計による美術館兼ホテルになっています。島の中ではさまざまなアートプロジェクトが展開されていて、例えば、家プロジェクトでは本村地区に残る古民家を修復・保存して、現代美術作家による作品を永久展示しています。


鹿島【愛媛県】

http://blogs.yahoo.co.jp/

北条港沖合いにある野生の鹿が見られる小島。夏は海水浴、冬は釣りなどレジャーにオススメです。平成26年に恋人の聖地サテライトに認定され、モニュメントが設置されました。山頂展望台からの眺めは絶景です。


女木島(鬼ヶ島)【香川県】

http://logbook-k.blogspot.jp/

女木島は、高松市の沖合約4kmに浮かぶ周囲8.6kmの島です。別名鬼ケ島と呼ばれています。潮風から家を保護するための石垣オーテに守られた石垣島に着くと、バスで10分のところに昔話の桃太郎に出てくる大洞窟があります。奥行き400mの洞窟の中は夏でもひんやりしていています。


豊島【香川県】

http://applembp.blogspot.com/

瀬戸内海国立公園の中にあり、瀬戸内海の東部、小豆島の西3,7kmの海上に位置します。島の周囲は約20キロメートル、島の中央にある壇山からは豊島石と呼ばれる石が産出され、京都の桂離宮の石灯籠、白峰寺の十三重塔などは豊島石で作られました。米や温州みかん、オリーブ園や檀山山頂展望台、鰯浜展望所など見どころがたくさんあります。


豊島美術館【香川県】

http://applembp.blogspot.com/

香川県の小豆島にある「豊島美術館」は、アーティスト・内藤礼と建築家・西沢立衛による美術館です。周囲には地元住民が再生した棚田があり、その敷地の一角に、水滴のような形をした建物を建設。天井にある2箇所の開口部から、周囲の風、音、光を内部に直接取り込み、自然と建物が呼応する有機的な空間が特徴です。


男木島【香川県】

http://blogs.yahoo.co.jp/

男木島は、香川県高松市男木町に属する瀬戸内海の島です。平地が少ないため、民家は傾斜面に石垣を積んだ上に建てられ、階段状に家並みが続いています。島の北端に立つ男木島灯台は御影石造の洋式灯台です。映画「喜びも悲しみも幾歳月」のロケ地として有名で、隣には男木島灯台資料館があります。島の道は狭いので、徒歩で回るのがおすすめです。猫島としても有名で、島のあちこちでのびのびと暮らす猫の姿を見ることができます。


与島【香川県】

http://blog.livedoor.jp/

与島は、瀬戸大橋が結ぶ3つの島の中で唯一パーキングエリアがある島です。与島プラザの展望台からは、瀬戸大橋の雄姿を眺めることができます。フードコート、売店などがあり、セルフうどん店「架け橋夢うどん」では、本場のさぬきうどんが堪能できます。無人島の鍋島と繋がっています。

ページTOPへ

このページのTOPへ