asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

京都・嵐山の定番&穴場観光スポット33選!世界遺産を有する嵐山の魅力をたっぷりご紹介!

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

神社やお寺だけで歴史を感じるだけでなく、自然の美しさも多く感じられる京都の観光地、嵐山。歴史的に貴重な建築物が数多く存在しており、重要文化財や世界遺産に登録されているものもあります。また、嵐山は近年パワースポットとしても人気が高まっています。老若男女問わず幅広い世代から人気がある嵐山の魅力をご紹介します。

京都西部・嵐山 世界遺産認定のお寺4選

 京都府にある17の世界文化遺産のなかから、京都市西部にあるお寺を4つご紹介します。建築の美しさや荘厳な雰囲気に感性が刺激されること間違いなし。4つのお寺はいずれも嵐山からバスでのアクセスが可能。ひと足のばして、世界が認めた日本の美を味わいましょう。

龍安寺

エリザベス女王も訪れ、絶賛した石庭
photo:PIXTA

 龍安寺は、京都府右京区にある妙心寺七刹の一つ。徳大寺家の山荘を細川勝元が禅寺としましたが、残念ながら火災により当時の遺跡はありません。美しい石庭で有名な庭園は枯山水で「虎の子渡しの庭」とも呼ばれます。遠近法を用いて奥行きをもたせた作りは見る者を驚かせます。

仁和寺

境内に咲く御室桜は、他の桜と一味ちがった趣が
photo:PIXTA

 仁和寺は宇多天皇が入寺した寺として知られています。広い境内に金堂や御影堂が建っており、数々の文化財を所蔵しています。桜や梅の季節には特に観光客が多く訪れ、中でも遅咲きの御室桜(おむろざくら)はほかの桜と一味違って一見の価値あり。境内には宿泊施設もあり、泊まれる世界遺産として人気があります。

天龍寺

自然豊かな古寺は、ミシュラングリーンガイドにも登録
photo:PIXTA

 天龍寺は、京都五山制度で第一位として位置づけられていた歴史のある格式高い禅寺です。当時の面影はないながらも、明治以降に再建された趣のある諸堂がたち並んでいます。夢窓国師の作といわれる亀山と嵐山を借景にした池泉回遊式の庭園が有名です。また、予約をすれば庭園内で精進料理が食べられます。

高山寺

秋は参道に、紅葉のレッドカーペットが現れます
photo:PIXTA

 高山寺は、774年に建てられ、のちに明恵上人が後鳥羽上皇の帰依を得て再建した寺です。栄西禅師から贈られた茶を、日本で初めて植えたことで知られています。境内内の国宝石水院は、寝殿造りの面影を残す貴重な建物。鳥獣戯画4巻など、国宝や文化財を約一万点も有し、世界文化遺産にも登録されているスポットです。

 

嵐山・トロッコ沿線で楽しめるスポット5選

 嵐山から丹波亀岡まで、桂川に沿って東西をつなぐトロッコ。美しく彩られたディーゼル機関車の車窓からは、桜や紅葉など季節ごとに表情を変える絶景を楽しめます。「トロッコ嵐山駅」周辺を中心に、おすすめスポットをご紹介いたします。

祇王寺

苔に覆われた境内は、神秘的な雰囲気が
photo:PIXTA

 祇王寺は右京区にある静かな草庵で、平家物語にも登場する寺です。平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が、清盛の心変わりにより出家して入寺した悲恋の寺としても知られています。緑がなんとも美しい、苔に覆われた庭としても有名です。

常寂光寺

敷き紅葉・散り紅葉どちらも美しい、紅葉の名勝です
photo:PIXTA

 常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は、百人一首で詠まれる小倉山の中腹の斜面にあり、境内は嵯峨野を一望できる見晴らしの良い場所に位置しています。秋になると紅葉に包まれ、その美しい景色を見るために訪れる参拝客があとを絶ちません。平安時代に藤原定家の山荘があったと伝わる地でもあります。

二尊院

馬をも通れる広い参道が素敵
photo:PIXTA

 二尊院は嵯峨野にある天台宗の寺院で、総門を入った「紅葉の馬場」と呼ばれる参道は、紅葉の名所として広く知られています。本尊に釈迦・阿弥陀の二如来をまつっています。また奥には百人一首ゆかりの藤原定家が営んだ時雨亭跡と伝わる場所があります。

保津峡

春夏秋冬、四季を通して訪れたくなる絶景名所です
photo:PIXTA

 亀岡市の保津橋から嵐山の渡月橋にかかる保津川の渓谷、保津峡。ハイキングコースとしても有名です。最近は「保津川下り」と呼ばれるラフティングが人気を博しており、16kmを約2時間で滑り落ちるスリリングな体験を味わうことができます。 

落柿舎

芭蕉がみた景色を見られる、ファン必見スポット
photo:PIXTA

 落柿舎は、松尾芭蕉の弟子であった俳人・向井去来の草庵でした。庭にあった40本の柿の木の実が一晩にしてほとんど落ちたことから、「落柿舎」という名がつけられたと言われています。有名な歌人たちによる歌が刻まれた碑がおかれています。

京都の開運神社6選!ご利益もご紹介

 京都・嵐山エリア周辺にある神社のご利益をご紹介します。開運祈願といっても、叶えたい願いごとは人それぞれ。恋愛成就から商売繁盛まで、いまの自分に合ったスポットを選んでお参りに行きましょう!ユニークな神様がいる神社もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

車折神社

パキッと鮮やかな朱色は、見るだけで心が元気に
photo:PIXTA

 多くの芸能人がお忍びで訪れるという車折神社(くるまざきじんじゃ)の境内には著名人の名前がズラリ。踊りやお芝居などの芸事のお願いごとを叶えてくれると言われています。参詣者は社務所にて祈念神石を授かり、願いが叶ったら自身で拾った石にお礼の言葉を記して返納するという風習があります。

野宮神社

嵐山の恋愛パワースポットとして人気があります
photo:PIXTA

 野宮神社は、学問、縁結び、子宝安産等の祭神を祀る神社として、地域住民からの崇敬はもとより、他府県または海外からも、多くの参拝者が訪れる神社です。嵯峨野巡りの起点として多くの方が訪れています。

梅宮大社

境内にはたくさんの猫がいる、別名「猫神社」
photo:PIXTA

 子授け・安産のご利益があると言われている神社です。本殿横にある「またげ石」をまたぐと、子宝に恵まれるという言い伝えがあります。「梅宮大社」という名の通り、神花として梅の木が植えられており、春は美しく咲き乱れる梅を愛でることができます。

月読神社

安産の神様が祀られる、松尾大社の摂社です
photo:PIXTA

 安産守護の神様として知られている松尾大社の摂社です。境内には安産の石「月延石」が奉られています。古来より、妊娠した多くの女性が、安産を願って特別喜寿が行われる「戌の日」に、ここ月読神社を訪れてきました。

御髪神社

日本でたったひとつの頭と髪の神社
photo:PIXTA

 「日本で唯一の頭と髪の神社」とうたわれている神社、御髪神社。「髪」を「神」に通じるものとして奉っています。人々からの献髪を納祭した髪塚があり、願いごとをこめた髪を納めるとご利益があると信じられています。

松尾大社

お酒の神社らしい、樽占いは気になります
photo:PIXTA

 松尾大社は、醸造の祖神として知られる酒の神様の社。京都の太秦一帯を治めていた秦氏がひらいた神社です。参拝者には樽に矢を放って的中するとお守りがもらえる、樽占いが人気。また延命長寿や蘇りの水が湧くとして有名な亀の井もここにあります。

嵐電(あらでん)沿線おすすめスポット6選

 京都市民に愛される「嵐電(らんでん)」は、京福電気鉄道が運営するローカル線です。四条大宮、北野白梅町から嵐山までの東西をつなぐこの沿線にはおすすめスポットがいっぱい!小さな電車に乗って、のんびりと出かけましょう。

妙心寺

お寺の名物は、どこから見ても目が合う「雲龍図」
photo:PIXTA

 妙心寺は日本最大の禅寺です。七堂伽藍がたち並び、46の塔頭寺院が点在しています。多くの重要文化財や史跡・名勝指定の庭園・寺宝が保存されていますが、観光客に特に人気があるのが法堂の天井にある雲龍図で、どこから見ても天井に描かれた龍の目がこちらを見ているというものです。

渡月橋

言わずと知れた、嵐山のシンボル
photo:PIXTA

 嵐山といえば渡月橋と言っても過言ではないほどに有名な、桂川に架かる橋です。平安初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになったと言われます。橋の長さは155mで、春には桜、秋には紅葉とともに京都らしい美しい風景をつくります。

東映太秦映画村

まるでスクリーンの世界に入り込んだかのような気分に
photo:PIXTA

 太秦(うずまさ)は日本のハリウッドと呼ばれてきた映画の町。この地に、「映画の灯りを守ろう」と誕生したのが東映太秦映画村です。実際に時代劇の撮影がおこなわれることもある、昔の街並みを再現した時代劇のオープンセットや、時代劇の衣装に着替えて楽しめる時代劇扮装の館など、映画の魅力を満喫できる施設がいっぱいです。

法輪寺

小高い丘にあり、境内からは京都市内が一望できます
photo:PIXTA

 法輪寺は京都市斎京区にある寺院で、本尊の虚空蔵菩薩は「嵯峨の虚空蔵さん(さがのこくうぞうさん)」として親しまれています。「十三まいり」の寺として有名で、数え年13の男子、女子が智恵と福徳を授かるために参詣します。人形塚、針供養塔、また、電気・電波守護の電電宮社があります。

宝厳院

日本庭園を覆う紅葉景色は、まるでアート作品を見ているかのよう
photo:PIXTA

 天竜寺の塔頭寺院であるこちらの宝厳院。嵐山の景色を取り入れた借景回転式庭園「獅子吼の庭」がよく知られています。庭園内では、紅葉や桜など季節折々の景色を楽しむことができます。庭園の名にもなっている巨石「獅子岩」もお見逃しなく。紅葉時期には、夜間に期間限定で紅葉ライトアップも行われます。日中とはまた一味違ったロマンチックな雰囲気を堪能できるので、デートにもおすすめです。

鹿王院

凛とした日本庭園で心静かに過ごす人も
photo:PIXTA

 足利義満が建立した宝幢寺との開山塔として造られた鹿王院。廟を建てようとして開いた藪より白鹿が出てきたことから「鹿王院」という名がつけられたと言われています。嵐山を模した平庭式枯山水庭園があり、美しい自然の風景を楽しむことができます。

嵐山のお寺5選

 京都・嵐山エリアの山中にある秘境のお寺をご紹介いたします。山中といってもバスが運行しているので市内からのアクセスは良好。美しい空気と自然にふれながら、境内を目指して歩を進めましょう。気軽に登山気分を味わえ、静かなお参りを楽しめるのが魅力です。

愛宕神社(阿多古神社)

火伏・防火のお札を授かることもできます
photo:PIXTA

 924mの山頂にたつ愛宕神社(阿多古神社)は「防火・鎮火」の神として信仰が厚い神社です。「愛宕の三つ参り」として、3歳までに参拝すると一生火事に遭わないと言われています。また例年7月31日夜から8月1日未明にかけて行われる「千日詣」はこのときに参拝すると、千日分の火伏・防火の御利益があるとされ有名です。

神護寺

山門までは約400段のながい石段が続きます
photo:PIXTA

 神護寺は、京都市高雄山の中腹に位置し、紅葉の名所として知られている寺院です。高雄橋から参道を歩いた先の山中に金堂などが建っています。この寺は、空海が東寺や高野山の経営に当たる前に一時住した寺であり、最澄もここで法華経の講義をしたことがあるとして、日本の仏教史に深く関わりのある寺です。高い場所から素焼きや日干しした土器の皿や酒杯を投げる「かわらけ投げ」という厄除けも有名。

 

西明寺

ぜひ紅葉の時期に訪れたい
photo:PIXTA

 西明寺は、京都市右京区にある真言宗大覚寺派の寺院で、本尊は釈迦如来です。周山街道沿いの高雄山神護寺、栂尾山高山寺とともに紅葉の名所と讃えられる、三尾(さんび)の一つとして知られています。ほかにも四季折々の花が咲き、季節ごとに違った風景を楽しむことができます。

善峯寺

境内には、樹齢600年以上の立派な松の木が
photo:PIXTA

 善峯寺(よしみねでら)は、西国三十三所第20番札所となる西京区の寺院です。桜や紅葉の名所として人気のお寺です。境内各所からは京都市街、比叡山を一望できるほど見晴らしがよく、樹齢600年以上の五葉松で全長38メートルに及ぶ天然記念物の遊龍松があることでも有名です。

愛宕念仏寺

やさしいお顔の羅漢さんがお出迎え
photo:PIXTA

 嵐山中心部からバスで20分ほど北へあがった場所にあります。天台宗の寺院です。8世紀半ばに建てられた愛宕寺が洪水で流れてしまい、その復興を行ったのが僧千観でした。千観はいつも念仏を唱えていたため、寺は後に愛宕念仏寺と呼ばれるようになりました。この寺の見所は「石像千二百羅漢」。1200体もの羅漢(仏教修行者)の像が連なる姿は圧巻です。

 

バリアフリーな嵐山のお寺4選

 車いす利用者が安心して楽しめる嵐山周辺のお寺をご紹介します。長い階段や急な坂道がなく、車いすでも比較的スムーズに境内を動きまわれるお寺をピックアップしました。ご家族やご友人と、気軽にお寺めぐりを楽しみましょう!

広隆寺

『日本書記』にも登場する、京都最古のお寺
photo:PIXTA

 広隆寺は、603年に秦河勝が聖徳太子から賜った仏像を本尊として建立した京都最古の寺として有名です。10月の「牛祭」は京都三大奇祭の一つとしても広く知られています。車いすの方は西門駐車場から境内へ。仏像がある霊宝殿の中はフラットで、中に入るための10段の階段には手すりがあり、必要に応じて補助をしてくれるので安心です。

あだし野念仏寺

境内にはおよそ8,000躰もの石仏や石塔が
photo:PIXTA

 化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)は京都市右京区の嵯峨野にある浄土宗の寺です。法然が念仏道場を開き、念仏寺となったといわれています。車いすの方は事前の電話連絡にて参道への案内を相談できます。また、バリアフリーのトイレを完備しています。

退蔵院

禅寺の落ち着いた雰囲気の中で、癒しのひとときを
photo:PIXTA

 退蔵院は、臨済宗妙心寺の塔頭です。日本最古の水墨画として国宝に指定されている「瓢鮎図(ひょうねんず)」を所蔵しています。境内にある枯山水庭園「元信の庭」、池泉回遊式庭園「余香苑」では、美しい季節の移り変わりを楽しむことができます。行事などで不在でない限り、職員による介助を受けて参拝できます。

法金剛院

なんと庭園の面積は、境内の半分以上を占めます
photo:PIXTA

 律宗の寺院、法金剛院。巨石を積んでつくられた「西安の滝」のある庭園は平安時代のもので、国の特別名勝に指定されています。その他仏殿には重要文化財になっている「阿弥陀如来坐像」や「十一面観世音菩薩」があります。庭内は車いすでおおむね回遊が可能です。

時期になると、世界中の蓮が咲き誇ります
愛称は、「蓮の寺」
photo:PIXTA

 

松尾エリアでオススメの3スポット!

 嵐山からバス、または阪急嵐山線で南に約30分のところにある松尾。ここには3つの有名な寺院が密集しており、ぐるりと歩いてまわれます。市内の喧騒から離れた場所にあり、周辺は静かな住宅街です。のんびりとお寺めぐりを楽しみたい方にぴったりの、松尾エリアの魅力をご紹介します。

地蔵院

境内を包む竹林が美しい「竹の寺」
photo:PIXTA

 臨済宗の寺院である地蔵院は、その美しい竹林から「竹の寺」の名でも知られています。そびえたつ見事な竹林はさることながら、境内の足元一面に広がる苔や、季節ごとの楓やもみじの色の移り変わりを楽しむことができます。

鈴虫寺(華厳寺)

境内で鳴く鈴虫の音色に癒されて
photo:PIXTA

 鈴虫寺(華厳寺)は、京都府嵐山にあるお寺。東山三十六峰を遠くに望む山腹にあり、一年中いつでも鈴虫の美しい音色を楽しむことができます。どんな願い事もひとつだけなら叶えてくれるという、わらじを履いた幸福地蔵も有名です。願い事が叶うということで全国から参拝客があとをたたない人気スポットです。

西芳寺(苔寺)

まるで緑の絨毯を敷き詰めたような景色
photo:PIXTA

 苔寺(西芳寺)は、約120種の苔が境内を覆って、緑のじゅうたんを敷きつめたような美しい風景を織りなしていることから苔寺と呼ばれています。史跡・特別名勝となっている庭園は上下二段構えで、上は枯山水で下は池泉回遊式。黄金池は「心」の字を描いています。

世界遺産に大自然、魅力つまった嵐山エリア。

 いかがでしたか? 世界遺産をはじめ、縁結びのパワースポット、移り行く四季を存分に味わえる自然の数々など京都・嵐山には魅力がたくさん。知れば知るほど惚れこみ、思わず何度も訪れたくなってしまうエリアです。京都駅から嵯峨野線一本でスムーズに訪れることもできるので、京都旅初心者の人でも市内を離れ、気軽に観光することができますよ。