新宿 スーパー銭湯5選!施設や営業時間・アクセス情報も一挙紹介

  • 9318 |

新宿はスーパー銭湯不毛の地でしたが、ここ最近はテルマー湯などのゆっくりとリラックスできるスパが増えてきました。駅から徒歩90秒の場所に、カプセルホテルの「安心お宿」などもオープンし、清潔で広々としたカプセルで休憩しながらお風呂でリラックスという過ごし方もできます。こんかいは、そんな変わりつつある新宿のスパ・スーパー銭湯をご紹介します!遊びの後や会社帰りなどに、日頃の疲れを取りに立ち寄ってみませんか?

 

男女ともに利用可能なスーパー銭湯

2015年、新宿・歌舞伎町に突如現れたテルマー湯。朝9時まで営業しているので、歌舞伎町で遊んでいたら終電をなくしてしまった方におすすめ。できたばかりの施設は清潔で、設備も充実。男女ともに使えるので、カップルやグループで朝まで過ごすこともできます。

テルマー湯【朝9:00まで営業】

テルマー湯は、2015年歌舞伎町にオープンしたスーパー銭湯。

http://ameblo.jp/

都内最大級の規模を誇る温浴施設です。テルマー湯で注目するべきポイントは、中伊豆温泉「神代の湯」から運ばれる天然温泉。新宿の真ん中で、本格的な温泉を楽しむことができます。

www.facebook.com

また、岩盤浴やマッサージなどのリラクゼーション設備が充実しているので、日頃の疲れを癒やしたいと思っている人にはぴったりの施設です。

www.facebook.com

リラクゼーションルームも豊富!女性専用エリアなどもあり、のんびり過ごすことができます。

www.facebook.com

男性専用のスーパー銭湯・カプセルホテル

新宿にある、男性専用のスーパー銭湯やカプセルホテルを紹介します。いずれも24時間営業しているので、新宿で遅くまで仕事をしている方や、夜遊びを楽しむ方、地方から上京して新宿のバスターミナルに着いた方など、あらゆる人におすすめです。

豪華カプセル安心お宿 新宿駅前店【24時間営業】

http://livedoor.blogimg.jp/

新宿駅から徒歩約90秒と脅威の立地にオープンしたばかりのカプセルホテル「豪華カプセル安心お宿 新宿駅前店」。こちらでは、人工温泉「新宿の湯」が楽しめます。

http://www.anshin-oyado.jp/

安心お宿の温泉には、様々なブランドのシャンプーやリンス、アメニティなどが取り揃えられているため、普段使ったことがない気になるシャンプーや整髪料なども試すことができます。

http://www.anshin-oyado.jp/

温泉のほか、マッサージチェアやドリンク、コミック、タブレットPC、インターネットが全て追加料金無しで利用できます!贅沢!宿泊する場合、朝食に菓子パンが出たりもするので、急な宿泊などにもオススメです。

グリーンプラザ新宿【24時間営業】

http://www.j-yado.com/

「グリープラザ新宿」はカプセルホテルと7種類の温浴施設、レストランが併設された男性専用の
スパです。

http://www.j-yado.com/

広々とした大浴場では炭酸カルシウム人工温泉、露天風呂では準天然光明石温泉が楽しめます。サウナやマッサージもあり、心地よい癒しの時間を過ごすことができます。

女性専用のスーパー銭湯・スパ

新宿には24時間営業の女性向けのスパ・サウナがあります。新宿で飲み会を楽しんだ後に、朝までお風呂に浸かりながら女子会トークを楽しむ、なんていう過ごし方にぴったりの施設を紹介します。

Le Luck Spa Shinjuku 【24時間営業】

tokyocheapo.com

「リ・ラックスパ」は新宿駅から歩いて5分の場所にある女性専用のスパ、宿泊施設です。露天風呂、岩塩浴サウナ、シルキーバスなど、美容効果が期待できる施設が揃っています。更にリラックス効果を高めるボディケア、エステ、あかすりなどもできます。

http://www.enjoytokyo.jp/

都会の真ん中で露天風呂に入れるのも嬉しいですね。

ルビーパレスルビー館【24時間営業】

http://dalkijuice.exblog.jp/

「ルビーパレスルビー館」は、24時間営業の女性専用サウナです。ホテルのようなくつろぎの空間でリラックスした時間を過ごすことができます。

www.rubypalace.com

広々としたロッカールーム、パウダールームは清潔感で溢れています。エステなどの美容サービスも充実、日本で初の本格的なあかすりも人気のメニューです。

館内のレストランでは、様々な韓国料理が楽しめます。1日ゆっくりできる、女性のためだけのリラクゼーション空間です。

ページTOPへ

「新宿・初台」周辺の関連記事

このページのTOPへ